メンタルヘルス

2006年06月24日

恐怖症は速やかに治療せよ!

こんにちは!
笹竹 政村です。

昨日は間近に迫った<06年夏の陣>に際して

「男性はマメになり女性を主役にする技量を磨き、
女性もまたイケメンよりも
居心地の良い男をチョイスする方が賢明・・・」

そういった例の方が結婚後もうまくいく・・・

そのようなことを示唆させていただきまとめましたが
アップしてから一点、気がかりなことが出てきました。

それは
<全然、女性の引き出しを開けてあげる
トークの発展が見込めない場合は
まず場慣れするよう努力して、

「女性とのコミュニケーションとは何ぞや」と
根本から考えていく必要があります>

という部分。

どれだけ踏みにじられても(?笑)
「ハングリーに立ち向かっていける!」という方は
今後も場数を踏み
コミュニケーション力をアップしていってください!

ただし女(男)性恐怖症に陥っている場合は
この例ではありません。

実は私も少年時代はひどい女性恐怖症でした。
学校で女子の多くから
「気持ち悪い!」と罵られまくり

学校の廊下を歩くのもその連中に会わないか
ビクビク怯えるようになり・・・

結局、すべてはそれが発端だったのでしょう。

女性恐怖症もさることながら、
視線恐怖症などそういったものを抱え込みながら
治療せず10代〜20代をひた走ってきたため

20代中盤で、ノイローゼに罹患してしまった
という暗い過去があります。

どうも異性とコミュニケーションがとれない・・・

例えば、話し掛けようとするとものすごく緊張して
体が震える、動悸が高まる、舌が乾く、吐き気がする、
汗をかく、声が震える感じがする、相手の目を見れない・・・

そんな症状があったら恋愛や結婚などに
執着している場合ではありません。

速やかに心療内科、神経科クリニックなどを
受診することをお薦め致します。

私ももっと早く駆け込むべきだったと
よく後悔しました。

甘く見ないで、ただ異性が不得手ということでなく
そういう症状は一種のココロの病ですので
恋愛するにも、まず症状を平癒して
それからスタートラインにつく必要があります。

トラウマというやつは恐ろしいものです。
正しい対策を打たなければ
その後の人生にも重い悪影響を与えます・・・。

「医者が素晴らしいのだ」と賛美するわけでは
ありませんが、メンタルへルスにかかるのに
恥ずかしがる時代でもないでしょう。

今日は昨日の記事のメンテナンスで終わりますが、
明日からもバンバン、皆さんに「成長のお薬」を
処方していきますので楽しみにしてくださいね(^^)v。

笹竹 政村でした。


kokasita at 20:40|PermalinkComments(6)TrackBack(0)