不安

2009年03月13日

<恋愛恐怖症対象講座3>あれ?なんか自分が変だぞ?!『精神病理面』と繋がりのある恐怖症への対応策

皆さんこんにちは!! 
笹竹 政村です。


前々回記事の続きで、今回も
恋愛恐怖症をとりあげるのですが

今回はごくごく簡単に言ってしまえば、心の繊細さ、臆病さゆえに
前に進めない・・・といった
やや観念上の恋愛恐怖症ではなく、

異性への病的な恐怖感によって
苦しまれている方を対象とした篇です。

恋愛恐怖症を語る際、男性恐怖症や女性恐怖症という言葉がよく出てきます。
これらの事柄を私が前2回この特集で取り上げてきた観念上の恋愛恐怖症と混同し、
軽く見誤ってしまったがためにその後、長い年月
精神疾患に罹患し、苦闘しかねない危険性を孕んでいるため注意が必要です。

ある意味、「症」という言葉を使うのならば
こちらの今回扱う精神病理面でのものの方が
相応しく、また慎重にしっかり取り扱わねばなりません。

ウィキから<男性恐怖症>を引いて以下に
引用してみます。

男性恐怖症(だんせいきょうふしょう)とは、恐怖症のひとつ。個人差はあるが、男性に触れられると強い不安感に駆られたり、
男性と話すと続きを読む

kokasita at 14:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年02月04日

【恋愛恐怖症対象講座再開!】<セルフイメージの昂揚>07・5月5日付

こんにちは!
笹竹 政村です。

07・5月5日付記事をアーカイブします。
一本前の記事で書いた通り、
「恋愛恐怖症」は大別すると
精神疾患となっているものとそれ以前のものに分かれます。
以下の記事を書いた段階で、まだ自分自身
そのあたりの整理ができていなかったことをご了承の上、お読み進めくださいませ。


大型連休も今日、子供の日でいよいよ終盤ですね。
私も今年の連休は大いに遊ばせてもらいました。
今日を境にまたライティングに、ブログに精一杯がむばります!

ところであなたは自分のことを「モテる―モテない」で言えばどう評価していますか?
以下の五項目からお選びください。

(1)自他共にモテると評価されるし、いつもいい線いってると思う
(2)まあまあの評価を異性からつけられるし、自分もまずまずの自信を持っている
(3)気に入ってもらえる人には受け入れられるが万人受けするわけではなく普通だと思う
(4)あまり好意を持たれる方ではない。どちらかというとモテない
(5)モテない。自信もないし、上手く行っている人たちをみるといい感じがしない

今日、私が問題にしたいのは(4)・(5)に該当するとお答えになったあなたです。
(4)は恋愛不安症、(5)は恋愛恐怖症といってもいいかもしれません

実像以上に自信たっぷりで高慢ちきな人間も周りから見て痛いものがありますが、
必要以上にセルフイメージを下げてしまっている(4)・(5)
《特に(5)》にチェックをつけたあなたは
まずセルフイメージの底上げから始めないと、
モテない君(さん)の位置から脱け出せなくなる恐れがあります。

何故、モテないか―続きを読む

kokasita at 15:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)