人的魅力

2006年06月09日

「普通の人では結婚できない!」という言葉の意味

こんにちは!
笹竹 政村です。


だいぶ前にネットサーフィンをしていた時、
ある結婚問題を取り扱うサイトで
「現代は普通の人では結婚できない!」

という何とも激しい論調の言葉が踊っていたことを
今でも覚えています。

それ以上のことはよく読みませんでしたが
果たして実際はどうなのか
今日はこのキーワードをピックアップして
考察を深めていこうと思います。

「普通の人」・・・、

恐らくこの筆記者が言わんとすることは
比較的スムーズに結婚できた(するのが自然だった)
”団塊の世代”からそれ以降の
昭和30年代に生まれた人たちの世代において

語弊を恐れずに書けば、
「特筆に価する人的魅力も富裕な経済力も
問われず結婚できた・・・」。

彼ら(彼女ら)のような一般ピープルを
「普通の人」と呼称しているような気がします。

前述した人的魅力、或る程度の経済力は言うに及ばず
異性に対する理解力や、両性の親の老後問題、
家庭における役割分担など要求される能力は増える一方です。

様々な条件をお互い抱えて
婚前に対峙(たいじ)するようになった当世において、

適齢期を迎え・・・ないし過ぎつつある
男女がうまく結婚という名の契約を
まとめ上げていく作業は

確かに「団塊期世代の普通の人」の想像を絶する
厳しさがあるといわざるを得ません。

そしてその「団塊期世代の普通の人」の息子、娘たちも
そろそろ適齢期に差し掛かってくる現実は何とも皮肉でもあります。

「普通の人では結婚できない!」という言葉は
「普通以上に魅力や経済力がなければ結婚できないのだ!」
というような一種、差別的な意味で例のサイトの筆記者が
書いたものでないことを私は信じたいです。

笹竹 政村でした。
今日(9日)はもう一発、続けてアップします。

いつも有難うございます。


kokasita at 16:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)