人間関係

2009年11月04日

結婚相手次第で幸せの形も変わる、さあ君はどの道を選ぶのか?!

皆さん、こんにちは!
11月一本目の「お薬」を処方します(^.^)

今日は≪ありのまま生きる≫ことの重要性について書いてみようと思います。


ですがまずその前に、今、一番国民の耳目が集中しているであろう犯罪者の問題に私も触れておかねば気が済まないので、ちょっと書かせてください。
木嶋佳苗(34)(容疑者、4日現在)なる北海道野付郡別海町出身の女が
東京を拠点に前代未聞の<連続殺戮(さつりく)結婚詐欺>を実行し続け
血に彩られた忌まわしい一億円近い札束にて、
虚栄心丸出しの生活を送っていたのではないかというニュース

もう皆様もご存じの通り。
稀代の女結婚詐欺師・木嶋佳苗(本人が写メで撮影、ブログにアップ)

北海道新聞社の中標津支局員は多忙な日々が続いていることでしょう。
心血注いだ取材を敢行し、ブロック紙の意地を見せて頂きたいところです。
テレビ局、大手一般紙、夕刊紙、スポーツ紙に至るまで木嶋佳苗のバックグラウンドを取材・調査しているマスコミ人によってこの悪意に満ちた下劣な人間(女)が
広大で美しい根釧原野に暮しながら、どのようにその野獣の如き人間性を形成していったのか―
より突っ込んだ取材による続報を注目したい所存です。実名報道にもう切り換えてもいい頃合だと思うのですが、何かマスコミサイドに遠慮しなければならない要素があるのでしょうかね?
根釧原野(放牧中の牛の群れ)


さて、それでは今日の本題に入っていきます。
人は皆それぞれ実に様々なバリエーションに富んだ人格を有します。
人に相対する時の態度や言動は、本当の自分の<心の芯>投影されます。

自己実現できた状態にある人というのは本当に幸せだと思います。
例えばそれがもし暴力団関係者に代表されるアウトローであったとしても
彼の<精神風景の核>と行動や人間関係における自己の態度が
悪い意味でも一致していれば、まさに筋金入りの”ワル”、

私たち素人は彼らを見るとやはり恐ろしく
多くの人は内心嫌悪感を持ち、反社会的な行動に怒りを覚えますが
その”ワル”は”ワル”なりに人の目を気にせず
アウトローとして幸せな人生を送っていると見ることもできます。

私たち一般市民もまた自分なりに描いた人生設計を俯瞰(ふかん)し、
<精神風景の核>と行動や人間関係における自己の態度が一致し
自己実現できた状態で生活できていれば、心が病むことも少ないし
いろいろつらいことや嫌なことがある生活の中ででも、
概ね楽しい人生を送っているといえるでしょう。

生活の中で、いつも不平や不足、苛立ちなどが精神風景の中に内在していると
自分なりに描いた人生設計・いわば『理想』と『現実』のギャップ
大きな不満を感じ閉そく感(ストレス)があふれ、生きることがつらくなってきます。
その状態にいる人たちこそが詐欺師に一番だまされやすいのではないか―
私は見ています。ストレスがガンガンたまっている時に、そのストレスをそっくり
取り除いてくれて、なおかつ自分で「俺は一発逆転のホームランを打ったぜ!」
というように夢中になってしまう。(注)これは今回の被害者の方々の傾向を分析し、直接的に彼らを指しているのではなく、笹竹 政村による結婚詐欺師に引っ掛かりやすい典型的な例として挙げたものです。
続きを読む

kokasita at 17:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年09月20日

自分が変わらなければ相手は変わらない!

こんにちは!
笹竹 政村です。

前回から「恋愛ブログランキング」に参加しましたが
早速77位にランクイン!

ありがとうございます(>∇<)
皆様のお陰ですm(__)m。

今日もあなたにバナーをぽちっと押してもらえるよう
いい記事を書かねばと武者ぶるいがします。


今回は恋愛のみに限定されない、
他者への要求の最たるものとして
「相手(態度、性格など人となり)を変えようとしてしまう
人間の悲しい性(さが)」について考察してみます。

職場でも交友関係でも、そして恋愛や夫婦関係においても
相手の未成熟な部分、或いは欠点などに目が行き、
それを修正してもらいたいという欲求は
人誰しも持つものでしょう。

職場では、その職場の業務内容や方針、目標などに向かって
相応しい人間に仕込みあげるために
新卒者を新人教育で染めあげますし。

その後の上司等との人間関係の中で
伸展或いは矯正されていきますよね。

この過程は人それぞれの仕事へのモチベーション、
感受性の強弱にもよりますが

決してラクなもんじゃない、
時に非常な苦痛を伴うことは
社会で生き続けなければならない私たちは
嫌というほど知っています。

しかし先に述べた交友関係、
恋愛、夫婦関係においても
「相手を変えよう」と恣意的(しいてき)に迫られることは
それにも増して激しい痛みを伴うものでもあります。

いや、むしろ「ON」である職場の方が
まだ”仕事だから・・・”と割り切れる部分がありますが
「OFF」である交友、
さらにその色合いが濃い恋愛となると

人間性の問題点に対する指摘がほとんどとなるため
時に、自分を”操作しよう”とする相手の意図に
うんざりもし、怒りも感じる局面もありましょう。

「言ってくれるね、でもそういうけどね・・・
あんたはどうなの???」

この叫びが心に沸々と湧いてくる友人、恋人のタイプは
【自分は一切変わろうとしないで、相手を操作して変えようとする】
”卑怯者”である可能性が高いです。

「あー、そうかー、自分は確かにそういうトコあるなあ、
耳痛いけど、言ってくれてありがたいなあ」

そうしみじみ思える友人、恋人は”本物”です。
何故なら彼(彼女)は自分を見つめ
自分を変える努力を続けているから・・・

その真摯(しんし)なオーラが
私たちを素直にさせてくれるのではないでしょうか?

こちら側から相手に注文しなければならない局面は
生きている限り日常的にあるわけですから

自分自身を”本物”に高めていきたいものですよね。

その『良き状態』で指摘しても変わろうとしない相手は
”ダメ人間”の可能性が高いです。

そっと静かに部屋から出て行くのが得策でしょうね・・・。

さて、結婚となると
新婚ほやほやの頃はともかく

互いに慣れてくれば、未熟な者同士
もうこの”変えよう欲求”に日々悩まされることになるでしょう。

夫婦ならばいよいよもって自分を少しでも変えてから、
相手に思いやりを持って
ほだすように問い掛ける必然性がでてくると思います。

私も、我が家も本当にまだまだ・・・です(^^;

がんばります。

みなさん、共に向上の途を辿りたいものですね(^^)。

ランキング、今日で二回目です。
是非、あなたのお力で笹竹の名を押し広げてください!!

ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 02:15|PermalinkComments(14)TrackBack(0)