会話

2007年05月12日

女性との会話で必要なバリエーション・そして話題の”予想ガイ”とは?

こんにちは!
笹竹 政村です。


ここ北海道十勝野は只今、桜の季節。(遅いでしょ?(笑))
明日は妻も私も時間があるので、二人して近場の公園にでも
桜を愛でつつ散策でもしようかな―と思っています。

南は沖縄から北は北海道根室(根室という町が桜前線の終着駅です)まで
実に長いスパンをかけて桜前線は北上し、
みな日本人は等しく大好きな桜を愛でる、桜並木を好きな人と歩ける権利を享受できます。

そう考えると少し心が大らかに広く持てる気がしませんか?
環境によって時期は違えど、いつか春は訪れ、桜は咲く―

例えるならば『只今恋愛真っ最中、二人ラブラブでこの世の春を謳歌してます☆』―
というカップルもいれば
『過去の輝きは今いずこ? この恋も最終局面かもしれない(><)』―
といった厳しい状況の二人もいるかもしれない・・・

或いは

『茫漠たる砂漠を行くようなこの一人旅を終わらせたい! 共に歩むパートナー、君は今何処?』―
という当ブログのメインコンシューマーのあなたもいる。

よく言われることですが
「泣いている人がいれば笑っている人もいる。それでこの世はバランスがとれている」―
といった少し広がりのある考えも時に必要な気がします。

そして「オレ(私)は近いうち、絶対笑う側に入ってやる!」―
とモチベーションをあげることもやはり必要な心の持ちようだとも思います。

今日は「彼女を早くGETしたい!」と願っている男性諸氏に
女性心理を知る上でなかなか示唆に富む「女性側の意見」なども紹介しつつ記事を進めていきます。


「優しさや明るさを持ってフレンドリーに接していれば、きっといつか女はモノにできる!」―
そういう一種ステレオタイプな考え方も、恋愛論的にいまだに根強いものがある気がします。

しかし優しく、続きを読む

kokasita at 00:28|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2006年06月26日

会話中の沈黙を恐れるな!

こんにちは!
笹竹 政村です。

今日は日常でも男女間でも
往々にして起きる
<会話の途中で不意に言葉が途切れ気まずくなる>

そんな時の有効な対策を伝授させて頂きます。

まずあなたに質問ですが
そもそも人と会話でコミュケーションするとき
専ら喋り手ですか? それとも聞く側?
或いは両方共に当てはまる?

末永く恋愛する、
パートナーと連れ添って生きていく・・・

そのためには「喋り専門でも「聞き専門」でもうまくいきません。
「両方を兼ね備える」ことが肝要です。

特に喋ることがコミュニケーションを成立させるために
何よりも重要なカギを握る・・・と
考えられている向きには

次々に話題を振って、盛り上げることに
全精力を注ぎ込みますよね?

そして何よりも会話が途切れる
シーンとした沈黙・気まずさを怖がる・・・

怖かるゆえに更に喋り倒し
お相手に幻滅を与えるという
スパイラルに陥ってしまいます。

そもそも何か面白いことを言って<喋り倒す>ことで
異性が陥落するという考え自体、
大いに間違っているのですが

それはさておき・・・

もし今度、あなたがデート中
例の<恐怖の沈黙>が訪れ気まずくなったら
その気まずさを隠し、
何か別の話題を振ろうとする前に

一言

「気まずいね」

と正直にお相手に
呟いてみてください。

「そうだね、気まずいね」お相手はそういいつつも
ほっと笑顔を見せてくれるかも知れません。

どういう風な対応が待っているかは
お相手によって千差万別だとは思いますが、

少なくとも、
<会話中の沈黙すら許せないあなたの神経質さ>
から解放されて、二人の関係はより良い方向に向かう
可能性のほうが高いと思います。

気まずい時は「気まずいね」と正直に言う。
その方が相手は「自分に心を開いてくれている」
と感じるものです。

とにかく、
異性へのしゃべくり倒しには、注意にも注意が必要です。

笹竹 政村でした。
明日も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 16:22|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2006年05月13日

女性との会話は「一つの作品」のように紡(つむ)げ!

こんにちは!
笹竹 政村です。

今日は初対面の女性とのコミュニケーションで、
かって私が大いに間違っていたポイントを要約して
共に考えてみましょう。

20代の自意識過剰に過ぎた時代、私は
とにかく場を盛り上げて、笑いを取り、

「面白い人だ」と思われれば勝ちだ・・・
と勘違いしてしゃべくりまくってましたね。

痛いですね・・・(^^;
振り返るだけでも痛々しく、恥ずかしくなります。

何人かの女性とお付き合いし
今の妻と夫婦生活を営む過程で思い知ったこと、

人間同士の会話は”双方向”でなくてはならない、
それが女性相手なら尚のことです。

女性はいうまでもなくその場の
雰囲気=ムードを大切にしますよね。

会話も例えお茶らけた馬鹿話でも
「一つの作品」を紡いでいくようなスタンス、

いうなれば様式美を求めている存在=女性
ということがいえるでしょう。

それを一方的に、相手の心の状態も吟味しないまま
一方的に勘違いに過ぎた

”誤った黄金パターン”で押しまくるものですから
多くの女性に敬遠されるようになったものです。

まず、女性の話を引き出し、じっくり聞いてあげること、

いうなれば”父性”の如き大らかさで
女性を包み込み、前述した双方向の会話であるかを
よくよく吟味する。

せっかくの初デートが
”男の演説”で終わってしまわない様
注視しながら、お相手の女性の引き出しを
一緒に開けてあげる

まずはこの点に集中してください。
その後からなら

あなたの話したいこと、
伝えたいメッセージも

容易に、双方向に
伝わっていくと思います。

笹竹 政村でした。
明日も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 06:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)