六本木

2009年10月09日

鼠先輩の引退に立ち会い、個性の大切さを再認識する

皆さんこんにちは!
笹竹 政村、棲息地北海道・道央、
日本列島を直撃した今年最大級の台風とともに
ブログ戦線に帰ってきました。

先日、私のビジネスパートナーから光栄にも
お呼ばれして観に行った鼠先輩の引退ツアー・札幌ライブですが
はっきりいってしょーもなかったです。
ベストヒット☆コレクション-2008~2008-(初回生産限定盤)(DVD付)ベストヒット☆コレクション-2008~2008-(初回生産限定盤)(DVD付)
アーティスト:鼠先輩
販売元:ユニバーサルJ
発売日:2008-12-24
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

しょーもなかったんですが、特に芸事というのは<突き抜ける>
美⇔醜、うまい⇔下手、高尚⇔低俗といった世間一般の価値観を破壊し
不思議な感動をリスナー側に与えることがあります。

鼠先輩のヒット曲は後にも先にも「六本木〜GIROPPON〜」一曲のみで、
ほかにも数曲出すには出しましたが全然売れませんでした。
この日の客もさほど大きくないライブハウスに100人も入らず
閑古鳥が鳴いていましたが、前述のヒット曲は
一説によると着うた(R)で120万ダウンロードを達成したとも聞き及んでいます。
モバうた
モバうた
クチコミを見る

100人と120万人、このギャップをどう説明したらいいのだろう・・・。
嫌われているのか、好かれているのか?
一時的なネタに過ぎないまさにお笑い草の一発屋であることには違いないにせよ。
続きを読む

kokasita at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)