出会い

2007年09月22日

現代を俯瞰(ふかん)し”晩婚化”の原因を解析します!

こんにちは!
笹竹 政村です。
九月ももう終盤だというのに二回目の更新・・・
いかんいかん(´ヘ`;)、
気を取り直して、
結婚―恋愛・社会科学ブログ・「成長のお薬」の真髄を
今日はみなさまに披瀝いたしたく、キーボードをたたき始めました。
本日もどうぞよろしくお願いいたします!

さて晩婚化、非婚化というけれど
まだ当ブログでは現段階で最新である先の国勢調査(05年実施)を基にした
データ解析は行っていなかったと思いますので(^^;
今回はそれに関して紙幅を割きます。

結婚できないこの時代をあらためて俯瞰(ふかん)し現実に立脚することにより
適齢期シングルの皆様それぞれが、困難にも対峙(たいじ)していって頂きたい
と願うものであります。

平成17年国勢調査・配偶関係 についての記述
(以下、原文、グラフ、ママ。)

20歳代後半から30歳代にかけて未婚率は男女とも大きく上昇

○ 15歳以上人口の配偶関係をみると,有配偶率は男性が60.8%,女性が57.0%,未婚率は男性が31.4%,女性が23.2%となっている。<1>

○25〜29歳の未婚率は,男性が71.4%,女性が59.0%と,平成12年に比べそれぞれ2.1ポイント,5.0ポイント上昇している。また,30〜34歳の未婚率は,男性が47.1%,女性が32.0%と,平成12年に比べそ
  れぞれ4.2ポイント,5.4ポイント上昇している。さらに,35〜39歳の未婚率は,男性が30.0%,女性が18.4%と,平成12年に比べそれぞれ4.3ポイント,4.6ポイント上昇している。(図6) <2>

○未婚率が最も高い都道府県は,男女とも東京都でそれぞれ37.9%,29.9%となっている。一方,最も低いのは,男女とも秋田県でそれぞれ26.4%,17.2%となっている。 <3>

グラフ















<1>に関しては続きを読む

kokasita at 21:32|PermalinkComments(20)TrackBack(0)

2007年07月10日

久しぶりの更新なので男女の「久しぶり!」について考えてみた

こんにちは!
笹竹 政村です。


大変御無沙汰致しておりました。
諸事にめまぐるしくなかなか更新できない日々が続き、
当ブログを楽しみにしてくださっている皆さまには
淋しい思いをさせましたね(笑)(←自惚れ???)

J-RANKブログランキングの結果を見て青くなりました(汗
また日常が落ち着きを取り戻しつつあるので
今日の久しぶりの更新を境にまた皆さまと共に考え、語らっていきたく思っております。
今後とも何卒、よろしくお願いしますね。

久しぶりの更新・・・ということで
今日は「久しぶり」というキーワードを活かして
記事を綴ってみたく思っております。

よく言われることに
「久しぶりの」再会・・・
例えば同窓会であるとか偶然街でばったりとか・・・
過去に交際していた―いないは別にして
「久しぶり」に顔を合わせた相手と妙に話が弾んで意気投合し
恋愛関係に至る―ということ、男と女の世界では多々あること
だと思います。

かくいう私たち夫婦も私が高校時代、妻がOL2年生時に出会い
続きを読む

kokasita at 22:47|PermalinkComments(14)TrackBack(0)

2007年06月09日

ナンパを笑うなかれ! 軽い出会いの中に本物がいることもある

こんにちは!
笹竹 政村です。


前回は紀香―陣内の結婚披露宴にちなんで
かなり長編の小難しい記事をライティングしましたので
今日は極めて軽みを目指し、お気楽モードな浮いた内容にしようと思っています(笑)

男性のみなさん、あなたはナンパをしたことがありますか?
女性のみなさん、あなたはナンパをされた相手と仲良くなったことがありますか

・・・いやきょうびの女性にはもう一問男性と同じ質問をせねばなりますまい。
女性のみなさん、あなたはナンパをしたことがありますか?

昨年末のクリスマス特集で私はナンパならぬ”コウパ”なる造語を生み出し
男性諸氏の背中を押しました。(該当記事はこちらのリンクから)

いわゆるナンパ師のように上手く立ち回る性質の読者さんは
現在、当ブログの固定層には少ないかも知れないなあ・・・と私は感じています。
またそれはそれでむしろ健全で誠実な生き方ではあるわけですから
心がかきむしられるような無理は必要ないとも思います。

出会う場所というのも同じ職場だったり学校だったりするのが
やはり一番堅いわけではありますが
そこでときめける相手を見出せずに
「出会いがないなあ。出会いが・・・」とため息をついていても
何も始まらないのは厳然たる事実でしょう。

よっていろいろなところに所属したり顔を出したりして、
また実にいろいろなツールや方策を用い、
それでも空振りが続くと男も女も心の消耗が激しくなってしまうと思います。

そういう点から考えていくともっといい意味で男も女も軽くなっていいと思うんです。
例えば続きを読む

kokasita at 07:53|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

2006年12月17日

【クリスマス目前企画 男性編・2】男だったらナンパじゃなく”コウパ”で女性にアプローチしよう!

こんにちは!
笹竹 政村です。

いよいよ来週の日曜はイブですね。
さあ、どうでしょう皆様!

笹竹 政村がお送りしてきた
【クリスマス目前 恋愛強化月間】の成果が
多少なりとも上がってきましたでしょうか!?

まずこの企画を始めるに当たり
予告編をお送りしましたがその文中でも触れたように

「彼(彼女)ができるとかどうかよりも
片思いでもいいから、どれだけほんわかした気分
今年のクリスマスを迎えられるかが重要」と書きました。

”打出の小槌”のように、とかく私たちは
即物的に結果を求めるものですけれど、
問題なのは 渡辺美里風に言えば「My Revolution」が大切なのであり(古っ!)

チャンスやツキ、運を逃さずたたみかけて
”幸せ体質者”になることが肝要だと私は思っています。

ですから、例え「今年のイブも一人・・・(><)」という事態に面しても
「でも、去年と違う・・・何か素敵な予感がする・・・(*^^*)」―
という、”魂が外に向かって開かれた状態”になり得たなら、

まずこの企画はそれなりに有為なものだったに違いありません。

さて、今日の「男性編・2」でとりあえず、男女各論に及んだ
笹竹流の短期間で幸せをGETする方法のレクチャーは終わろうと思っています。

それでは男性諸氏、準備はOK?続きを読む

kokasita at 14:11|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2006年11月20日

恋愛法則<男は引き算、女は足し算>・笹竹解説

こんにちは!
笹竹 政村です。


前回記事の「男は”小さな約束”を確実に叶え続けよう」という記事
(詳細は11月13日付記事を参照くださいね)
が男女読者の心に大きく響いたようで、過去最多のコメントを頂きました。

前回記事の中で触れた<男は引き算、女は足し算>の部分に
女性読者の喜望峰さんが『詳しくレクチャーして欲しいです』との旨、
コメントを頂きましたので、
今日はその辺を私なりにじっくり考証していきたいと思っています。

まず女性は出会いの局面において、
よほど情感的にも性的にもオープンでない限り、
男性に対して精神的にかつ肉体的に”踏みにじられはしないか?”―
という警戒感を本質的に具有しています。
続きを読む

kokasita at 07:26|PermalinkComments(18)TrackBack(0)

2006年09月24日

都市生活に煮詰まった時の処方箋

こんにちは!
笹竹 政村です。


私事になりますが
東京から郷里のこの北海道の田舎町に帰ってきて
早、10年近くが経とうとしています。

在京時は手前味噌になりますがやり手の記者として
主に霞ヶ関の中央官庁街や大企業本社のひしめく
千代田区内を巨体をゆすって東奔西走したものです。

そして夜は上司や取材対象と新橋界隈の飲み屋や
銀座のクラブを徘徊し、酒浸りの荒んだ日々を送っていました。

その何年にも渡るツケは、急性アルコール性肝炎という
いわば”飲み過ぎ病”となって健康を直撃しました。

「あんた、このまま酒ばっか飲んでたら死ぬよ!」

上がりに上がったガンマGTPの数値を見て
医者が放った叱責の声を今でも忘れません。

健康を快復するため、やむなく帰郷、療養の日々を
余儀なくされ、その後、摂生とともに
健康状態も著しく改善され、

今、フリーライターとして
原稿用紙一枚ナンボの世界で日銭を稼いで凌いでいます。

この間、本格的に働けない時期だったのにも関わらず
妻と出会い、献身的なケアと愛情に包まれて
平成13年2月にゴールイン、

今も友人らから「本当におまえらラブラブだな」と
言われ続ける円満な家庭生活を送っています。

私の恋愛運を振り返ってみると、
在京時、幾人かと激しい恋愛に落ちたこともありましたが

”結婚”の二文字は限りなく遠いものだったような気がします。

ひとえに、自分がまだ”その気”になっていなかったことが
一番大きな要因ですが、

この晩婚化社会で葛藤する愛すべき
善男善女と同様、

なかなか”これだ”と思える対象と出会えなかったことが
大きかった点が挙げられます。

異性と出会えるチャンスが格段に多いと思われる都市部の暮らしも
一人暮らしが長くなると殺伐としたものでした。

毎年、クリスマスやバレンタインを呪いました(笑)。

今、振り返って考えると
都市部にいた時の自分は、今の自分と較べて
明らかに”素直さ”が欠如していた気がします。

そして心身に鎧をまとったような感覚で
人と対峙(たいじ)する時も、異常に意識過剰になっていたように思えます。

あらゆる事象に対して高度なセキュリティ意識を持たねばならぬ
都市生活は、他者と親密になる共感能力を殺ぎ落とす側面があります。

自分をさらけ出さなければ、本当の濃い恋愛はできないでしょう。

何もかも手に入る、出会いもそこらじゅうに転がっている・・・

そういう環境に常時浸かっていると、一回一回の
貴重なチャンスに対する反応が鈍くなるとは思いませんか?

例えば街の盛り場のストリートですれ違う異性は無数にいますが、
それをチャンスに変換するのは大変むつかしいですよね。

田舎のバス停で一人佇んでいると
同年代の適齢期と思わしき異性が
バス停に向かって歩いてきた・・・

これはもう非常に有効なチャンスそのものです。

選択肢が多すぎてこんがらがってしまう都市部にない
シンプルな交流が田舎にはあります。

・・・私は何も田舎暮らしを薦めるものではありませんが
【群集の中の孤独】に煮詰まったら

リラックスしつつも大きな勇気を持って一人で、
一番近い田舎町に電車やバスに揺られ小旅行するのもいいと思います。

それは都市生活に疲れたあなたの視神経や精神状態を休めるだけでなく
あなたに勇気さえあれば、
シンプルな出会いのチャンスがないとも限りませんから。

この小旅行には、都市生活でこんがらがって複雑になった
あなたの思考回路を整理する効能もあります。

きっと「話し掛けた」、「話し掛けようとした」努力が
都市に帰ってきた時のあなたにアグレッシブさを与えるはずです。

是非、お試しください!


さて恋愛ブログランキングですが
今現在、当初目標にしていた50位を超えて
44位にランクイン!

嬉しいっす(>∇<)!
有難うございます!!

今日も皆様の一票が私を支えます。
バナーをぽちっとクリックしてくださいm(__)m。

ワンクリック、プリーズ!

ブログランキング


笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 12:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年06月09日

「お相手高望みの旅」は人生を”険しく寂しく”させる?!

こんにちは!
笹竹 政村です。


唐突ですが・・・

男女の出会いにおいて
「お金や時間をよりたくさん投資すれば、
理想に近い人に出会える・・・とは限らない」

という冷徹な真実について
今日はまた一から考えていきましょう。


賢明な皆さんならそのようなことを
私から今更、繰り言のように言われるまでもなく
解かっていらっしゃると思います。

しかしあまりにこれまで
「異性運がなかった」などの理由で、
「出会い」とは、そして「恋愛」とは
という基本的な部分を履き違えている方に

「金を使えば使うだけいい相手にめぐり会えるはずだ・・・!!」

そうココロの中で叫び、結婚相談所を掛け持ちし
大金をつぎ込んでいる方も(概して30〜40代男性に多いようです)
この国には存在する・・・ということを文献等で知りました。

このブログを始めたばかりの頃の記事にも
結婚相談所に湯水の如くお金をつぎ込む前に成すべき事、

<それは”非・恋愛体質”から”恋愛体質”への脱皮を図り
自己維新を遂げることだ>と強調してきましたね。

私も結婚紹介業全てを否定する
思想の持ち主でもありませんし
何ごとも新しいことを始める時には
お金が要るものだ―ということくらいは理解しています。

ですが、出会いの形が多様化する中で
片っ端に様々なチャネルに登録して
なけなしの軍資金を投資し続けても

理想のお相手に辿り付けるかは
甚だ疑問符をつけざるを得ません。

結婚相談所にしても
ネット見合いにしても
或る程度のリサーチ期間を経たなら

「よし、ここで決めてやる!」とハラを括(くく)り
勝負する、そして妥協すべきは妥協する。

あくなき「お相手高望みの旅」は
むしろ人生を”険しく寂しく”させるとは思いませんか?

どうも私にはそんな気もしてしまうのですが・・・。


笹竹 政村でした。
明日もよろしくお願いします。

kokasita at 19:25|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2006年05月08日

”世話好きおばさん”がいなくなった?!

こんにちは!
笹竹 政村です。

今日はいつのまにか絶滅(?!)した感のある
”世話好きおばさん”の存在について考えてみようと思います。

古来から伝承されてきた日本の典型的なお見合いに
世話好きおばさんの活躍は欠かせないものでした。

「あんたの息子、まだいい人いないかい!?
そういえば、あっこの町内会の○○さんのいとこが
彼ができなくてもたもたしてるから、どう? 会わせてみたら!!」

こんな具合に、次から次へと独身男女を
ランダムにくっつけることをライフワークにする
おばさん或いはおじさんが、

僕の小さな頃にはまだあちらこちらに
いたはずです。

しかし、コミュニティの付き合いの頻度も
全国相対的に減少し、
人情も希薄になった現代では

世話好きおばさんの活躍するフィールドは
すっかり消失してしまったのかもしれません。

因みに検索サイトで”世話好きおばさん”で調べると
上位にランクされたサイトは、

そういう名前の結婚相談所や
結婚紹介サービスだったのには
若干、閉口致しました。

世話好きおばさん夫婦がそのまま
仲人になるとは限らなかったでしょうが、

「ご祝儀」、「お車代」、「酒肴料」、「折り詰め」、「手土産」等
数十万円相当を両家からお渡しするだけで
結婚できたという事実は

昨今の商業的パートナービジネスの跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)
ぶりと較べると如何にも素朴で、親しみを感じる
ことができます。

ただ、断ることを許されない雰囲気が漂う
お見合いというのもあったのは事実で
なにもかもが昔がよかったと

懐古主義者の如く
私論を展開するものではありませんが・・・。

ただ”結婚できない”、”相手と出会えない”、
そういう最初の導入部で苦闘せざるを得ない
近年の適齢期該当者は

確かに可哀想な面が大きいと
言わざるを得ないのではないでしょうか?


kokasita at 19:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月02日

”非・恋愛体質”で結婚できないあなたへ

みなさん、こんにちは!!
そしてはじめまして! まだ投稿を始めて二日目の新参者、
フリーライターをやってます笹竹 政村と申します。

昨日は(もう日付けが変わってしまいましたが4月30日)
新聞社に復帰の夢叶わず、どさくさにまぎれ
結婚相談所を受験した話をしましたね。

そして結婚相談所利用者は二年間の活動費で少なく見積もっても
35〜50万円もの料金をむしりとられているということ、

それも一件につき・・・ということであり、利用者には二、三件かけもちなんて人も
少なくないわけですから、その費用は膨大なものとなるということ・・・

そこから率直な意見として
結婚するって本来、そんなにお金をかけなければ
相手が見つからないというものなのか・・・

という点を問題提起しました。

今日は私なりの所感をコメントさせて頂こうと思います。

人それぞれいろんな形の出会いやまた当人自体の
キャラクターというものがありますよね。

異性にいつも不自由なく或いはいつもではなくても
周期的に恋愛の機会が巡ってくる
所謂(いわゆる)”恋愛体質”の人。

逆にこの世に生を受け、付き合った異性の数が
極端に少ない或いはまったくいないという
”非・恋愛体質”の人。

恋愛体質で、結婚できないという人は
相手の事情、或いは本人自身のスタンスなどの
諸問題で結婚できないわけですが、
あえて”結婚しない”、”配偶者を得るという生き方を
選択しない”という人も含まれますし、
当人が本当に死ぬほど真剣に悩んでいるといっても
大局的には、後者の”非・恋愛体質”の人と較べると
その悩みはまだ浅いといえるでしょう。

”非・恋愛体質”の人の悩みはそれほどまでに切実です。

人間である以上、恋愛欲求というものは
あらゆる欲望の中でも突き抜けて強いものです。
その欲求が何年或いは何十年にわたって満たされない状態に
あるということは、実につらく哀しいことです。
(各人の感受性によっても哀しみの感じ方、度合いは
違うでしょうが・・・)
厳しいようですが、実に不健康な状態にあるといわざるを得ません。

”愛したい”、”愛されたい”
この荘厳にして深奥なる欲求が刹那的に働く時
男性なら風俗や、ポルノグラフィックに・・・
そして打開案として選択される途が
両性問わず一連の”出会い産業”に向かっていくのでしょう。

しかし、結婚相談所はボランティアではありません。
辛辣な”利潤追求企業体”です。

いつまでもダイエットできない私のような人間(私、太ってます、かなり(笑))
がダイエット産業の大得意様であるように
非・恋愛体質の人々にとっても結婚相談所に代表される
出会い産業は同じことがいえるでしょう。

ただ引越しや家電の修理のように業者任せでは
栄光の時は訪れないことを識らなければなりません。

”自己維新”、”自己のルネッサンス”
それが遠いようで最も近い、
恋愛体質への脱皮の途だといえるでしょう

kokasita at 01:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月30日

結婚の沙汰は金次第???

みなさん、こんにちは!!
そしてはじめまして!
フリーライターをやってます笹竹 政村と申します。

もうかれこれ十数年、センテンスを連ねることを生業(なりわい)にしてきた私ですが、
ブログに挑戦するのはこれが初めて・・・。機能もなにやら全然ちんぷんかんぷんですが
そこはそれ、大先達の皆様から多くを吸収して、衒(てら)いなく日々書き込んでいきたい所存です。

どうぞ皆様、よろしくお願いします。

昨年一年、わけあって辞めざるをえなかった新聞社業務に復帰するため
回りも回ったり!約20社。ことごとく年齢、ブランク、或いはそれらの企業の所感のせいか
落とされまくりました。

やけをおこして一番最後に受験した企業は新聞社でも、出版社でもなく
結婚相談所でした(笑)。

これだけマスコミ関連落とされまくるのだから、もうその路線には脈なし・・・と判断、
自分の「渉外的スキル」を少しでも活かせそうな業界はないものだろうかと考えたのです。

元来、人の喜ぶ姿を見るのが大好きな性分で、ハード的なものを販売するよりも
新聞社同様、ソフト的なもの、サービス的なものを販売できる業界はないかと考え
どさくさにまぎれて(笑)受けてみました。

その相談所の指針は、
男性は医者や起業家など所謂(いわゆる)、今風にいえば「セレブ」が対象で
女性は相談所が設ける様々な条件を(要は品定めですね)クリアーした人が入会できるという
「ほかとは違うぞ!」といった差別化の意図が横溢(おういつ)した内容でした。

しかしながら核となる業務内容を訊いてうんざりしました。

1日200件以上の独身セレブへのキャッチセールス(電話勧誘)が主で
なにか”独身者をちょろまかす(騙す)”というイメージが拭いきれないものがありましたので・・・。
要は「ただならぬ胡散臭さ」を感じました。

後日、研究してわかったことですが、
(結婚相談所を利用している方なら判りきった事実かもしれませんが・・・)

結婚相談所利用者は二年間の活動費で少なく見積もっても
35〜50万円もの料金をむしりとられているようです。

それも一件につき・・・ということであり、利用者には二、三件かけもちなんて人も
少なくないわけですから、その費用は膨大なものとなります。

パートナービジネスが潤い続けるハズですよね。

でも、結婚するって本来、そんなに湯水の如く
”金を使いまくる”ことが必要なことなんでしょうか???

金を使いまくることが、理想のパートナーと出会えることなら
相談所を利用しているあなたはもうとっくに
理想の方と出会えているのではありませんか?

そして相談所に無縁のあなたも感じるでしょう。
私と同じ思いを・・・。

今日は上記のポイントを問題提起して終わります。
明日も読んで下さいね(^^)。


kokasita at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)