北朝鮮

2009年06月08日

【臨時】元記者が考える『マスゴミ』論

皆さんこんにちは!
笹竹 政村です。

前回の女性に対してメッセージを送った
「男と女のドライブデート・助手席篇」・・・
そして早く「運転席篇」をアップしたいところなんですけども
着手が遅れている旨、激しくお詫び致します。

この期間、北朝鮮なるカルト国家による
相変わらずの傍若無人な振る舞いに対し、何一つ有効な手立てを突きつけられぬ
不甲斐なき我が国の現状に皆様と同様、激しい怒りを禁じえません。

韓国も、中国も然り。
ろくなもんじゃありません。


私がかって属した新聞業界も、体たらくの放送業界と同様、あまりの左傾化のため
民衆に<ゴミ>呼ばわりされて久しい。
何でこうなってしまったのだろうか・・・。

高度経済成長時の圧倒的な強靭さは今にないものの
やはり労働組合は強い発言力を持ち
社員の一部が徐々に徐々に左傾化していく・・・。

記者が積極的に左傾化して咎められない新聞社は
「朝日」と「赤旗」(笑)ぐらいなものだろう。
記者になる人間にも東京裁判史観を否定できるセンスの者は少なからずいる。

また「会社から左巻きの思想を吹き込まれてんだろ!」と疑われることが
多いかも知れぬが、会社側は、物の考え方については極めて自由奔放、
各人の好きにさせてくれていた。


むしろここに戦後日本人の精神性劣化を見て取れるかも知れない。
そう・・・ちゃんとした歴史教育なり自己啓発で人間を矯正しなければ、
新聞記者さえも時代の空気感に簡単に流され
左傾化してしまう危険性が満ちている
ということだ。

そして一応は激しい倍率に打ち勝ってきたエリート職とされる同職ゆえに
驕り高ぶりが冷静な思考を麻痺させる。

さまざまな魑魅魍魎(ちみもうりょう)が看板の力に惹かれて擦り寄ってきているだけなのに、
一記者の分際を忘れて、戦後民主主義者の継承者でもあるかのように自己陶酔していく。


私なりに昔を振り返り、何ゆえに自分の前職が<ゴミ>呼ばわりされるようになってしまったのか
考えてみました。


では本編の更新、もうちょっとだけ待っていてくださいm(_ _)m
どうぞよろしくお願いいたします。

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね。

kokasita at 08:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月05日

蛮行の日7・5−引き裂かれた家族の悲しみを想う

こんにちは!
笹竹 政村です。

本日という日に述べなければならないのは
今朝方、発生した北朝鮮による暴挙に
限りない怒りと不快感を覚えたことに尽きます。

亡くなったとされる、(横田)めぐみさんは必ず生きていらっしゃる
と信じたいし、こんなことでもなかったら
経済制裁に踏み切れなかったこの国の弱腰を嘆きます。
横田夫妻の悲しみを思うと二の句が次げません。

このブログではこれまで一貫して、わが国の
晩婚化−非婚化社会における恋愛及び結婚問題について
皆さんのヒントになり得れば・・・と願い展開してきています。

自分自身も33歳まで不安に駆られながら、しかし
縁あって素敵なパートナーを得ることができた・・・

そこから学んだエッセンスとジャーナリストの端くれである
スピリットで、恋愛そして結婚にいたる道が
歴史的に見ても非常に厳しいこの時代を

各々(おのおの)が明るい希望をもって進めることを
祈って書いてきました。

私が究極的に訴求したいもの・・・

この異常に末期的に殺伐たる現代において
「社会を変えよ」といっても
「地域を活性化せよ」といっても

コミュニティの最小単位である<家庭>が変わり
活性化していかなければ
わが国は亡国の一途を辿るに違いありません。

<家庭という原点に還ろう、
そして家庭を修復し再構築しよう、
それがすべての救済のもとになる>

要は、「シングル万歳!」などという風潮に
飛び蹴りを食らわすのが私の精神性です。

一人一人は確かに弱い。
しかし分かち合う妻や夫がいてこそ
一つの運命共同体は強靭さを帯びます。

一軒一軒の家族が各々(おのおの)一致団結して
ねぎらいあい、慈しみあって
素晴らしい家庭を構築する、
その熱が地域を、社会を糺(ただ)す。

そんな原点を願う私は「イマジン」を歌っている
レノンのような夢想的理想主義者に過ぎないのでしょうか?

いずれにせよ、卑劣な隣人の愚行に晒された今日という日、
引き裂かれた家族の嘆きが、
近い将来癒され、安息がもたらされますよう祈念してやみません。

時間はもうほとんどありません。
わが政府の毅然たる今後の対応を
願うばかりです。

笹竹 政村でした。

明日も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 23:48|PermalinkComments(4)TrackBack(0)