女友達

2007年04月02日

交際相手がいてもいなくてもストレスにはこう対処すべし!

こんにちは!
笹竹 政村です。


4月ですね。本当に季節の巡りというやつは早いものです。
なにやら昨日は静岡や山梨で真夏日を観測したとかで
この母なる地球の異常気象もここに極まれり、
これからどうなっていくのか考えると空恐ろしいものがあります。

米国は如何なる理由があろうとも京都議定書を批准し真剣に環境問題に取り組み、
軍事力をはじめとした<POWER>ばかり突出した
”警察国家”から脱皮して欲しいと願わざるを得ませんし、

さらに東アジア全域に顕著で悪質な環境破壊を徹底的にもたらし続ける
中華思想に凝り固まったCHINA当局者や国民も、
おごり高ぶった態度や施策を猛省してもらいたいものだーそう切に願うものであります。

また私たち日本国民も「ストップ・ザ・温暖化・たいそう」でも見て楽しみながら(笑)、
Ecoの精神を地道にでも堅持していかねばならないでしょう。

母なる地球にかかる多大なストレスのお話から始めましたが、
今日は恋愛や結婚生活の中で自然とかかってしまうストレスと
如何に向き合い、対処していくべきか考えていこうと思います。


(1)今、お付き合いしている相手がいない―という人も
(2)恋愛の渦中にいる人も
(3)結婚生活を送っていられる人も
等しくさまざまなストレスに見舞われるのは止むを得ないところだと思います。

(1)お相手がいない人にかかるストレス―
それは孤独感や自信の喪失に代表される”寂しさ”がもたらすものでありましょうし、
(2)恋愛の渦中にいる人のストレスは
相手との関係性や感情の不安といった”心の揺らぎ”に負うところが多いでしょう。

(3)結婚生活者のストレスともなれば
経済的心配や子育ての悩み、夫婦間の意思の不疎通、セックスレスなど
各家庭において様々な頭痛のタネが一つや二つはあるものです。

それら悩みに直接向き合い、正面突破を目指す―
という方法が問題の解決や白黒をつけるのに、一番手っ取り早いことは間違いないとは思います。

しかし”ストレスを解消するためのストレス”
というような珍妙なパラドックスに陥ってしまう危険性も孕(はら)みますので
正面突破(問題の核心に触れ、打開策を講じる―という意味で使っています)を
図るのは精神状態や体調が比較的良好な時に
落ち着いたトーンで行った方が賢明でしょう。

自分の苛立つ思いを何らかの形でガス抜きする―
例えそれが愚痴っぽくなってもやる・・・ということは決して悪いことではありません。

私が文章を披瀝(ひれき)しているこの『ブログ』という媒体一つとっても
いわゆる”つれづれ日記”とでもいいましょうか・・・
自分の身の回りの出来事や悩み、思いを日記的に書きとめ発表されている方々のものが一番多いですよね。

またmixiに代表されるSNSなどでは続きを読む

kokasita at 13:19|PermalinkComments(12)TrackBack(0)