安全運転

2009年07月27日

「男と女のドライブデート・運転席篇」

こんにちは!
お久しぶりです。
笹竹 政村です。

随分、更新に日にちが経ってしまいましたが
これからが楽しい楽しい夏期休暇・・・という人も多いと思います。

ただ山口県・福岡県はじめ
九州、中国地方での今回の豪雨は
改めて「今、地球がとてもおかしい」ということに思いを致すほかなく、
犠牲者の皆様に黙祷を捧げると共に
危険地域にお住まいの皆様の日常回帰早からんことを念じます。
明日はわが身ですね、天変地異を前にしては・・・。
皆さん、大変だとは思いますが、災い転じて福と成して頂ければ・・・と思います。


さてふた月前「男と女のドライブデート・助手席篇」と銘打ち
助手席側に座るのを基本・女性、運転者が基本・男性という感じで書いてみました。

で、今回の運転席篇なんですが
今、若者のクルマ離れということも言われる時代になっている反面、
大型トラックのドライバーやモータースポーツにも女性が参入するようになって久しい。
私自身の感覚で言わせて頂ければ
クルマに依存しすぎる社会あるいは人間というものは健康的にもとてもよろしくない。
かといってどんどん脆弱になる一方の地方における交通手段の現状を考えると
自動車免許なくして就活できないという地域は、日本の都市部以外ほとんど・・・
というような有様です。

この稿ではモータリゼーションと人間の関係を探求することを目指してはいないので
まずこの現状を受け止めて考えていきたいと思います。

さて、恋愛関係、アプローチなどの前段階で
クルマの有無、ないし運転技術の有無は恋愛に対して
大きな比重を持つのは間違いないと考えられます。
この場合、クルマ社会の田舎や地方で当たり前のように自家用車に乗っているメンズと
大都市部で自力でクルマを維持しているメンズとでは
後者のほうがはるかに経済的負担もかさみますし、何かと苦労も多いと思われるがゆえに
それだけで女性へのアピールポイントになると私は考えます。

クルマを乗り回す毎日かどうかといったライフスタイル的なことは別として
「普通自動車第一種免許取得」と履歴書に書けないというのは
仕事に対しても、恋愛ほか日常生活に対しても
かなりイメージ的にマイナスだと私は正直そう思う。

日々の生活に弾みが生まれるよう、かつ履歴書に
最低限度の資格といってもいい「第一種自動車免許」を記せることが出来るようになるため、
フリーでなおかつ時間を作れるという向きには合宿免許のスペシャルコースなんかいいのでは・・・と思います。
家庭生活等に余裕が少しあるなと思われる方や合宿に抵抗がある方は地元の評判のいい自動車学校に通い免許取得をそれぞれ男女問わずお薦めしたい。

運転側の彼氏が遠乗りや渋滞で疲れている時、
女子の「運転変わろっか?」の一言は
変わってもらうかどうかは別にしてとても嬉しいし
ココロ癒されるものだったりするんですよ(笑)続きを読む

kokasita at 07:33|PermalinkComments(4)TrackBack(0)