家庭

2006年07月05日

蛮行の日7・5−引き裂かれた家族の悲しみを想う

こんにちは!
笹竹 政村です。

本日という日に述べなければならないのは
今朝方、発生した北朝鮮による暴挙に
限りない怒りと不快感を覚えたことに尽きます。

亡くなったとされる、(横田)めぐみさんは必ず生きていらっしゃる
と信じたいし、こんなことでもなかったら
経済制裁に踏み切れなかったこの国の弱腰を嘆きます。
横田夫妻の悲しみを思うと二の句が次げません。

このブログではこれまで一貫して、わが国の
晩婚化−非婚化社会における恋愛及び結婚問題について
皆さんのヒントになり得れば・・・と願い展開してきています。

自分自身も33歳まで不安に駆られながら、しかし
縁あって素敵なパートナーを得ることができた・・・

そこから学んだエッセンスとジャーナリストの端くれである
スピリットで、恋愛そして結婚にいたる道が
歴史的に見ても非常に厳しいこの時代を

各々(おのおの)が明るい希望をもって進めることを
祈って書いてきました。

私が究極的に訴求したいもの・・・

この異常に末期的に殺伐たる現代において
「社会を変えよ」といっても
「地域を活性化せよ」といっても

コミュニティの最小単位である<家庭>が変わり
活性化していかなければ
わが国は亡国の一途を辿るに違いありません。

<家庭という原点に還ろう、
そして家庭を修復し再構築しよう、
それがすべての救済のもとになる>

要は、「シングル万歳!」などという風潮に
飛び蹴りを食らわすのが私の精神性です。

一人一人は確かに弱い。
しかし分かち合う妻や夫がいてこそ
一つの運命共同体は強靭さを帯びます。

一軒一軒の家族が各々(おのおの)一致団結して
ねぎらいあい、慈しみあって
素晴らしい家庭を構築する、
その熱が地域を、社会を糺(ただ)す。

そんな原点を願う私は「イマジン」を歌っている
レノンのような夢想的理想主義者に過ぎないのでしょうか?

いずれにせよ、卑劣な隣人の愚行に晒された今日という日、
引き裂かれた家族の嘆きが、
近い将来癒され、安息がもたらされますよう祈念してやみません。

時間はもうほとんどありません。
わが政府の毅然たる今後の対応を
願うばかりです。

笹竹 政村でした。

明日も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 23:48|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年06月18日

男は家庭のため、地域のため女(つま)を抱きつつ徹底的に稼げ!

こんにちは!
笹竹 政村です。

前回は専(もっぱ)ら女性側の問題として
相手の経済力(お金)を魅力の一部として
見すぎると失敗することもある・・・

例えば旦那が経済的に困窮する破目になった時
<騙された>とばかり悪態をつく危険性だってある。

だからどこまでも相手の男性に
ついていきたいと思う力・・・

それを主体にお相手を
探していくべきではないか―

そのようなことを提言させて頂きました。


本日は
「じゃあ、男は経済面をさほど
問われるべきでないというのが
笹竹 政村の言い分なら俺たちはそんなにあくせく
働かなくてもいいんだね」

と誤解されては私の沽券(こけん)に関わりますので
私の「男と経済力」に関する所感を述べさせて頂き
本日の記事とさせて頂きます。

女性に多少、大目に見られたからといって
男は稼ぐことに対し、一切
いい加減になってはならないと思うのです。

内心穏やかでないのにも関わらず
優しく見守ってくれている妻のため、
心で感涙に咽(むせ)びながら

「絶対、楽にさせてやる、
誰よりも心豊かで文化的な生活を
君に捧げる、その日まで待ってくれ!」

そう心の中で叫び懸命に努力する。

徹底的に稼ぎ、豊かな家庭生活の基盤を創る義務が
男にはあります。

そして”稼ぐ男”の仕事は日本経済や地域社会すらをも
支えているのだ−という誇りに満ちたもので
なくてはならぬと思うのです。

生活保護や雇用保険受給者など
今現在、困窮している人が何とか生活できるのは

当たり前のことですが
一方で懸命に稼ぎ、大金を税金で持っていかれている
キャリアが存在するからにほかなりません。

税金で食わせてもらう者になるのか
税金をたくさん納め社会貢献できる者になるのか―

選ぶに一つ。
意識一つで生き様が問われてくると思います。

女性は完成された男よりも
伸びる男を愛する傾向が強いと言われています。

女性の皆様!
未完成なあなたにしか
育てられない大器(男)を磨きに磨き
一丁前の”大人(たいじん)”に仕込んであげてください!
楽しいですよ、どんなゲームよりも! きっと!!

男性諸君!
いい女に出会って
どんどん磨き、鍛えてもらいましょう!
これから少子高齢化の地獄的様相は
更に深まり、時代も厳しさを一層増していくでしょう。

これからの男たちに少し古めのこの歌を
捧げます。

♪燃えるような 赤い帆を上げ海を
お前を抱いて 渡って行きたい
生きることを素晴らしいと思いたい
お前と生きたい ひとりぼっちは嫌だ!♪
(甲斐バンド「破れたハートを売り物にして」から)

この歌詞の中の男の様に
大海を女(つま)を抱いて渡っていきましょう!

笹竹 政村でした。
明日も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 19:40|PermalinkComments(11)TrackBack(0)

2006年05月31日

専業主婦は大変で素晴らしい仕事!

こんにちは!
笹竹 政村です。

昨日は異性と出会った当初など
例えば初デートで
緊張のあまりいつも失敗してしまうという向きに

心理学的にも大変効験のある
”曝露(ばくろ)”という方法を用いれば、

スッと気分も楽になって
コミュニケーションもうまくいく旨伝授いたしました。
(詳しくは、昨日のブログをご覧下さい)



19世紀のドイツの詩人・ハイネは
「結婚とは、いかなる羅針盤もかつて経験したことのない荒波である」
と著しています。

私自身、それほど多く先人の言葉を研究したわけでは
ありませんが、どうも哲学者の結婚論は
晩婚を薦めるかのような、結婚というシステム自体を
否定するような言葉が多いように思えます。

ですが、この大晩婚時代の21世紀に生きる
私から言わせて頂けば
それほど難しく考える必要はないのでは―と
いうのが率直な感想です。

価値観の多様化が進む昨今、
専業主婦をあたかも売娼のように
位置付け嘲笑する、おぞましい勢力がありますが
(フェミニストのことです)

「本気でやれば」専業主婦ほど大変な仕事は
この世にないのではないかと私は思います。
(あくまで「本気でやれば」の但し書きがつきますが・・・)

皆さんのお母さん方の今日に至るまで
経てきた日常を慮(おもんばか)ってみてください。

・・・ジーンときますよね?

母親が売春婦などでないことは
我々の魂が知っています。覚えています。

亭主を立てつつもうまく操縦し
子を産み、育て、家のこと全てを
取り仕切る・・・

肝っ玉母さんの時代では今はありません。
しかし締めるべき所は
やはり主婦がビシッと締めてこそ
家庭はうまくいきます。

女性の皆様は自分の母親が女として見習うべき点を
たくさん具有(ぐゆう)していたと振り返れるなら幸いです。

あなたも長年にわたり、
そばで学習できてきたハズだからです。

男性も女性から「マザコン!」と罵られない範囲で
母親にもっと感謝してもいいじゃないですか。

素敵な家庭をみんな、それぞれ作っていきましょう。

それが究極は、世の中のためなのですから。

笹竹 政村でした。
明日も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 14:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月08日

夫を操縦するテク

昨日は、時代は大きく変われど
「夫が家計収入を稼ぐべき」とする女性が
大勢を占めていること(国民生活白書の調べによる)に触れ、

男は家庭のため、社会のため
力強く働き、ガッツリ稼いでお金を還流させなければならない
・・・と提唱致しました。

これに伴い、このブログを読んでくださっている
女性OLの方からも賛同のお声を頂き、

「男性がしっかり稼いでくれるから
女性も安心して家事万端を行うことができる」との
コメントを頂きました。

やはり、昔からいうように”衣食足りて礼節を知る”
という言葉は真実で

アイフルや武富士に世話になるような暮らしの中からは
豊かな精神性は生まれてくるものではないと
断じて良いと思います。

男にとって家庭は還るべき”母港”です。
妻は灯台であり、桟橋であり、係留員であると
思います。

殊更(ことさら)、夫が調子にのって戦果を披瀝(ひれき)する
ことは今の時代にそぐわないかもしれません。

しかし妻は、心を込めて帰還した夫を
ねぎらって欲しいと思います。

男は単純ですので、感謝されれば
さらに勤労意欲が湧き、やる気を出します。

「上手に男性を操縦するテク=感謝」が女性には
今も昔も求められていることには変わりないようです

kokasita at 19:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)