専業主婦

2006年10月05日

「共働きを望む未婚男性急増」、その本質と社会病理

こんにちは!
笹竹 政村です。


前回は9月22日に発表された
国立社会保障・人口問題研究所の
18〜34歳の独身男女を対象とする結婚意識調査において

女性の「恋人がいる」と回答したパーセンテージが
わずか32パーセントにとどまり、
(男性はさらにそれを下回る24パーセントですが・・・)
恋愛においても格差社会の歪みが生じている旨、報告致しました。

今日は前回も告知したとおり
男性がパートナーの収入に対する意識が昔と較べて
大きく変化しているデータを挙げ、
そのインサイドをえぐっていきたいと考えています。

【妻に対し、共働きを求める男性・急増】
妻に専業主婦を期待する男性は5.7パーセント減の12.5パーセント、
女性に結婚生活と仕事の両立を求める男性は9.5ポイント増の26.2パーセントで
同研究所は「男女の意識は復古調ではなく、次の段階に進む兆し」と見ている。

次の段階??? 次の段階とは何ぞや???
そしてなにが復古調なのか???
皆様もそう思われたことと思います。

続きを読む

kokasita at 02:32|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

2006年05月31日

専業主婦は大変で素晴らしい仕事!

こんにちは!
笹竹 政村です。

昨日は異性と出会った当初など
例えば初デートで
緊張のあまりいつも失敗してしまうという向きに

心理学的にも大変効験のある
”曝露(ばくろ)”という方法を用いれば、

スッと気分も楽になって
コミュニケーションもうまくいく旨伝授いたしました。
(詳しくは、昨日のブログをご覧下さい)



19世紀のドイツの詩人・ハイネは
「結婚とは、いかなる羅針盤もかつて経験したことのない荒波である」
と著しています。

私自身、それほど多く先人の言葉を研究したわけでは
ありませんが、どうも哲学者の結婚論は
晩婚を薦めるかのような、結婚というシステム自体を
否定するような言葉が多いように思えます。

ですが、この大晩婚時代の21世紀に生きる
私から言わせて頂けば
それほど難しく考える必要はないのでは―と
いうのが率直な感想です。

価値観の多様化が進む昨今、
専業主婦をあたかも売娼のように
位置付け嘲笑する、おぞましい勢力がありますが
(フェミニストのことです)

「本気でやれば」専業主婦ほど大変な仕事は
この世にないのではないかと私は思います。
(あくまで「本気でやれば」の但し書きがつきますが・・・)

皆さんのお母さん方の今日に至るまで
経てきた日常を慮(おもんばか)ってみてください。

・・・ジーンときますよね?

母親が売春婦などでないことは
我々の魂が知っています。覚えています。

亭主を立てつつもうまく操縦し
子を産み、育て、家のこと全てを
取り仕切る・・・

肝っ玉母さんの時代では今はありません。
しかし締めるべき所は
やはり主婦がビシッと締めてこそ
家庭はうまくいきます。

女性の皆様は自分の母親が女として見習うべき点を
たくさん具有(ぐゆう)していたと振り返れるなら幸いです。

あなたも長年にわたり、
そばで学習できてきたハズだからです。

男性も女性から「マザコン!」と罵られない範囲で
母親にもっと感謝してもいいじゃないですか。

素敵な家庭をみんな、それぞれ作っていきましょう。

それが究極は、世の中のためなのですから。

笹竹 政村でした。
明日も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 14:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)