恋愛

2007年05月12日

女性との会話で必要なバリエーション・そして話題の”予想ガイ”とは?

こんにちは!
笹竹 政村です。


ここ北海道十勝野は只今、桜の季節。(遅いでしょ?(笑))
明日は妻も私も時間があるので、二人して近場の公園にでも
桜を愛でつつ散策でもしようかな―と思っています。

南は沖縄から北は北海道根室(根室という町が桜前線の終着駅です)まで
実に長いスパンをかけて桜前線は北上し、
みな日本人は等しく大好きな桜を愛でる、桜並木を好きな人と歩ける権利を享受できます。

そう考えると少し心が大らかに広く持てる気がしませんか?
環境によって時期は違えど、いつか春は訪れ、桜は咲く―

例えるならば『只今恋愛真っ最中、二人ラブラブでこの世の春を謳歌してます☆』―
というカップルもいれば
『過去の輝きは今いずこ? この恋も最終局面かもしれない(><)』―
といった厳しい状況の二人もいるかもしれない・・・

或いは

『茫漠たる砂漠を行くようなこの一人旅を終わらせたい! 共に歩むパートナー、君は今何処?』―
という当ブログのメインコンシューマーのあなたもいる。

よく言われることですが
「泣いている人がいれば笑っている人もいる。それでこの世はバランスがとれている」―
といった少し広がりのある考えも時に必要な気がします。

そして「オレ(私)は近いうち、絶対笑う側に入ってやる!」―
とモチベーションをあげることもやはり必要な心の持ちようだとも思います。

今日は「彼女を早くGETしたい!」と願っている男性諸氏に
女性心理を知る上でなかなか示唆に富む「女性側の意見」なども紹介しつつ記事を進めていきます。


「優しさや明るさを持ってフレンドリーに接していれば、きっといつか女はモノにできる!」―
そういう一種ステレオタイプな考え方も、恋愛論的にいまだに根強いものがある気がします。

しかし優しく、続きを読む

kokasita at 00:28|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2007年05月05日

【恋愛恐怖症対象講座・1】セルフイメージ向上の第一歩はまず素直な決断あるのみ!

こんにちは!
笹竹 政村です。


大型連休も今日、子供の日でいよいよ終盤ですね。
私も今年の連休は大いに遊ばせてもらいました。
今日を境にまたライティングに、ブログに精一杯がむばります!

ところであなたは自分のことを「モテる―モテない」で言えばどう評価していますか?
以下の五項目からお選びください。

(1)自他共にモテると評価されるし、いつもいい線いってると思う
(2)まあまあの評価を異性からつけられるし、自分もまずまずの自信を持っている
(3)気に入ってもらえる人には受け入れられるが万人受けするわけではなく普通だと思う
(4)あまり好意を持たれる方ではない。どちらかというとモテない
(5)モテない。自信もないし、上手く行っている人たちをみるといい感じがしない

今日、私が問題にしたいのは(4)・(5)に該当するとお答えになったあなたです。
(4)は恋愛不安症、(5)は恋愛恐怖症といってもいいかもしれません

実像以上に自信たっぷりで高慢ちきな人間も周りから見て痛いものがありますが、
必要以上にセルフイメージを下げてしまっている(4)・(5)
《特に(5)》にチェックをつけたあなたは
まずセルフイメージの底上げから始めないと、
モテない君(さん)の位置から脱け出せなくなる恐れがあります。

何故、モテないか―続きを読む

kokasita at 03:35|PermalinkComments(17)TrackBack(3)

2007年04月11日

男40にして加山雄三をあえてリスペクト!

こんにちは!
笹竹 政村です。


本日、07(19)年4月11日、
小生笹竹 政村は昨日を以って30代を終え、
遂に完璧に中年の仲間入りを果たしました!
今日は、笹竹 政村40歳・誕生日であります!!

孔子は
「男三十にして立ち、四十にして惑わず」
という名言を残しておりますが

私がフリーとして立ち上がったのが昨年ですから39歳のこと、
起つのが遅すぎたせいかまだまだ孔子の格言の如く「惑わず」とは参りません。
日々、自営業者として惑いっぱなし、悪戦苦闘の連続であります。

自分が自由自在に大好きなテーマに沿って展開できる
このブログ「成長のお薬」は自分のささやかな人生経験を発表する舞台であり、
恋愛や結婚に惑う、悩む―
すべての仲間たちへ捧げる

スピリチュアルでありながらリアルなメッセージ・発信の場として今後ますます充実を期すべく
邁進、挺身していく覚悟であります。

今夜はかみさんとこの大節の日をショットバーにでも行って
ドンペリで乾杯なぞしながら、大望を膨らませ固めてみたく思っております(^^)

ちなみに今日誕生日を迎えた著名人は結構、私と因縁が深い感じの人たちがいます。
(勝手にそう言ってるだけかもしれませんが(汗)

親愛なる男女一組づつ二回連載で紹介していきましょう。

今回紹介するのは、今日70歳になられた私の親父とタメの加山雄三氏。
”若大将”もいっぱしの老人になられましたね(^^;

加山雄三 画像


続きを読む

kokasita at 16:50|PermalinkComments(27)TrackBack(0)

2006年11月29日

緊急告知!<12月の笹竹ブログから目が離せない!?>

こんにちは!
笹竹 政村です。


さっき熱々の鍋に左手が触れてしまい、
軽く火傷してしまい、痛みをかみしめるマヌケな笹竹です。
痛みを忘れるため、手を徹底的に動かし、いい記事を書きましょう! 
これぞ「災い転じて福と為す」!

ちょっと前にクリスマスの記事を書きました。
その際の私の論調は

『世の中の風潮に惑わされることなく、
”クリスマスだから恋人がいないと恥ずかしい、寂しい”
などという観点から脱却して、トレンドに踊らされないようにしよう。
特別な日でなくとも全ての日が、恋をスタートさせられる出発点になり得る』

というようなものでした。

しかし皆さんから
「”踊らされる”のではなく”踊りたいのよ!」という意見や
「街並みがきれいに飾られてムードいっぱいで好きだなあ」―
という率直なコメントを頂き、

「あー、クリスマスを一つの目標として
各人が恋愛へのモチベーションを高めるのは、
一つの契機として、それはそれで十分好ましいことなんだなあ・・・」
と教えられました。

その折は、皆さん、
忌憚(きたん)のないご意見有難うございましたm(__)m。

もう11月も終わり、
いよいよクリスマスへのカウントダウンが刻一刻と近まってきています。
今日の記事から
続きを読む

kokasita at 23:49|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

2006年11月20日

恋愛法則<男は引き算、女は足し算>・笹竹解説

こんにちは!
笹竹 政村です。


前回記事の「男は”小さな約束”を確実に叶え続けよう」という記事
(詳細は11月13日付記事を参照くださいね)
が男女読者の心に大きく響いたようで、過去最多のコメントを頂きました。

前回記事の中で触れた<男は引き算、女は足し算>の部分に
女性読者の喜望峰さんが『詳しくレクチャーして欲しいです』との旨、
コメントを頂きましたので、
今日はその辺を私なりにじっくり考証していきたいと思っています。

まず女性は出会いの局面において、
よほど情感的にも性的にもオープンでない限り、
男性に対して精神的にかつ肉体的に”踏みにじられはしないか?”―
という警戒感を本質的に具有しています。
続きを読む

kokasita at 07:26|PermalinkComments(18)TrackBack(0)

2006年10月21日

「束縛カップル」は精神的に病んでいる?!

こんにちは!
笹竹 政村です。


最近難しい記事が多いと
イチゴ大福もぐ!嬢から指摘がありましたので(^∇^)
今日は非常にPOPな話題で攻めたいと思います。

「束縛」という恋人間における普遍的な問題を一緒に考えてみましょう。

私が以前、知り合った十代の女の子に
「どこに行くのでも一人の場合は彼氏に連絡して許可を取り、
夜6時には自宅(実家)に帰ってないと激しく叱られる」
と嘆いていた例があります。

しかし彼女にはそう嘆きつつも、苦痛が伴った表情は全くなく
むしろそれを積極的に容認している節すら見受けられました。

続きを読む

kokasita at 09:45|PermalinkComments(19)TrackBack(0)

2006年05月06日

”恋愛体質”への変貌(へんぼう)が始まる!

こんにちは!
笹竹 政村です。

昨日は”非・恋愛体質”の方が”恋愛体質”に変わっていくために
何が一番大切か、その”心の大前提”について提言しました。

『自分はあるがままで(ありのままで)、十二分に愛されるに値する人間なのだ』
そう心の中で強く叫ぶことだと・・・。

自分に強く自信を持てた後、あなたに訪れる種々の変化について
今日は記述してみたいと思います。

自分で自分を認め得た後、今まで闇雲に突っ走ってきたあなた自身の
心の傷に愕然となさるかもしれません。そして・・・

「不幸だった!、私はこれまで不幸だった!」

この内なる叫びに思う存分、耳を傾けてみてください。

何が、自分をこれほどまでに幸せを寄せ付けない体質に
変えてしまったのか、
どこでボタンの掛け違えが起こってしまったのか
漠然と、或いは鮮明にあなたは気付き始めるでしょう。

そのトラウマのルーツを見据え、
「自分は変わる! この支配から脱する!」
そう決意してみてください。

するとあなたの今までの習慣、行動、服装などの身なり等
いろいろ気になる点が、じわじわと出てくる筈です。

それらを間髪入れず、粛々(しゅくしゅく)と
修正していってみてください。

きっと数ヵ月後、あなたは、自身の変貌(へんぼう)ぶりに驚く
ことになるでしょう!


kokasita at 09:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月04日

あなたを”恋愛体質”に変える処方箋

皆様、こんにちは!

笹竹 政村です。

昨日はなかなか恋愛する機会が恵まれない人を
”非・恋愛体質”と、ひとくくりにしてしまいました旨、
お気を悪くされた向きがありましたら、どうぞご容赦ください。

しかしながら引き続き、解かり易く話を進めるため
その称号を使わせて頂きます。重ねてお詫びしますm(__)m。

非・恋愛体質の方々が
安易に”出会い産業”に救いを求めるがゆえに
そこでさえ愚弄(ぐろう)され、
搾取(さくしゅ)されることに警鐘(けいしょう)を発しました。

そして大切なのは
それら当該業者に任せきることではなく
自分を恋愛体質に変えていくことだという・・・

こう書いてしまえば
当たり前すぎることを
敢(あ)えて訴求(そきゅう)致しました。

では自分を恋愛体質に変えていくには
まずもって何を成さなければならないのか、

その大前提を、今日は提言致します。

『自分はあるがままで(ありのままで)、十二分に愛されるに値する人間なのだ』

そう心の中で叫ぶことです。

なかなか恋をものに出来ないあなたは
長年のジレンマから、極端に自分の
セルフイメージを下げてしまっている可能性があります。

自信の湧かない心は、顔つきや仕草に反映され
動作をぎこちないものにします。

事実、私がその典型でした。

極端な言い方をしてしまえば
「何か人にサービスをしなければ、自分は認められないんじゃないか」
という低い自己評価に呻吟(しんぎん)し続けたのが、私の暗い青春だったのです。

混乱・錯乱の呈で、私は20代を爆走しました。
そのために重い心の病を発症するに至ってしまいました。

そんな滅茶苦茶な状態の中で、行き着くところまで行った私は
前述の答えに気付きました。

『自分はあるがままで(ありのままで)、十二分に愛されるに値する人間なのだ』

あなたも自分を肯定することから始めてください。

決して、自分を嫌ってはなりません。

自分を嫌うと、他人はそれを敏感に察知します。
そしてあなたを嫌います。

自分を慈(いつく)しんであげてください。

そこから、あなたを慈(いつく)しむ、あなたを愛する人が
出現し始めます。


kokasita at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月02日

”非・恋愛体質”で結婚できないあなたへ

みなさん、こんにちは!!
そしてはじめまして! まだ投稿を始めて二日目の新参者、
フリーライターをやってます笹竹 政村と申します。

昨日は(もう日付けが変わってしまいましたが4月30日)
新聞社に復帰の夢叶わず、どさくさにまぎれ
結婚相談所を受験した話をしましたね。

そして結婚相談所利用者は二年間の活動費で少なく見積もっても
35〜50万円もの料金をむしりとられているということ、

それも一件につき・・・ということであり、利用者には二、三件かけもちなんて人も
少なくないわけですから、その費用は膨大なものとなるということ・・・

そこから率直な意見として
結婚するって本来、そんなにお金をかけなければ
相手が見つからないというものなのか・・・

という点を問題提起しました。

今日は私なりの所感をコメントさせて頂こうと思います。

人それぞれいろんな形の出会いやまた当人自体の
キャラクターというものがありますよね。

異性にいつも不自由なく或いはいつもではなくても
周期的に恋愛の機会が巡ってくる
所謂(いわゆる)”恋愛体質”の人。

逆にこの世に生を受け、付き合った異性の数が
極端に少ない或いはまったくいないという
”非・恋愛体質”の人。

恋愛体質で、結婚できないという人は
相手の事情、或いは本人自身のスタンスなどの
諸問題で結婚できないわけですが、
あえて”結婚しない”、”配偶者を得るという生き方を
選択しない”という人も含まれますし、
当人が本当に死ぬほど真剣に悩んでいるといっても
大局的には、後者の”非・恋愛体質”の人と較べると
その悩みはまだ浅いといえるでしょう。

”非・恋愛体質”の人の悩みはそれほどまでに切実です。

人間である以上、恋愛欲求というものは
あらゆる欲望の中でも突き抜けて強いものです。
その欲求が何年或いは何十年にわたって満たされない状態に
あるということは、実につらく哀しいことです。
(各人の感受性によっても哀しみの感じ方、度合いは
違うでしょうが・・・)
厳しいようですが、実に不健康な状態にあるといわざるを得ません。

”愛したい”、”愛されたい”
この荘厳にして深奥なる欲求が刹那的に働く時
男性なら風俗や、ポルノグラフィックに・・・
そして打開案として選択される途が
両性問わず一連の”出会い産業”に向かっていくのでしょう。

しかし、結婚相談所はボランティアではありません。
辛辣な”利潤追求企業体”です。

いつまでもダイエットできない私のような人間(私、太ってます、かなり(笑))
がダイエット産業の大得意様であるように
非・恋愛体質の人々にとっても結婚相談所に代表される
出会い産業は同じことがいえるでしょう。

ただ引越しや家電の修理のように業者任せでは
栄光の時は訪れないことを識らなければなりません。

”自己維新”、”自己のルネッサンス”
それが遠いようで最も近い、
恋愛体質への脱皮の途だといえるでしょう

kokasita at 01:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)