恋愛下手

2007年09月22日

現代を俯瞰(ふかん)し”晩婚化”の原因を解析します!

こんにちは!
笹竹 政村です。
九月ももう終盤だというのに二回目の更新・・・
いかんいかん(´ヘ`;)、
気を取り直して、
結婚―恋愛・社会科学ブログ・「成長のお薬」の真髄を
今日はみなさまに披瀝いたしたく、キーボードをたたき始めました。
本日もどうぞよろしくお願いいたします!

さて晩婚化、非婚化というけれど
まだ当ブログでは現段階で最新である先の国勢調査(05年実施)を基にした
データ解析は行っていなかったと思いますので(^^;
今回はそれに関して紙幅を割きます。

結婚できないこの時代をあらためて俯瞰(ふかん)し現実に立脚することにより
適齢期シングルの皆様それぞれが、困難にも対峙(たいじ)していって頂きたい
と願うものであります。

平成17年国勢調査・配偶関係 についての記述
(以下、原文、グラフ、ママ。)

20歳代後半から30歳代にかけて未婚率は男女とも大きく上昇

○ 15歳以上人口の配偶関係をみると,有配偶率は男性が60.8%,女性が57.0%,未婚率は男性が31.4%,女性が23.2%となっている。<1>

○25〜29歳の未婚率は,男性が71.4%,女性が59.0%と,平成12年に比べそれぞれ2.1ポイント,5.0ポイント上昇している。また,30〜34歳の未婚率は,男性が47.1%,女性が32.0%と,平成12年に比べそ
  れぞれ4.2ポイント,5.4ポイント上昇している。さらに,35〜39歳の未婚率は,男性が30.0%,女性が18.4%と,平成12年に比べそれぞれ4.3ポイント,4.6ポイント上昇している。(図6) <2>

○未婚率が最も高い都道府県は,男女とも東京都でそれぞれ37.9%,29.9%となっている。一方,最も低いのは,男女とも秋田県でそれぞれ26.4%,17.2%となっている。 <3>

グラフ















<1>に関しては続きを読む

kokasita at 21:32|PermalinkComments(20)TrackBack(0)