感謝

2010年05月09日

笹竹推奨<プラス思考の在り方>

こんにちは! 笹竹 政村です。
皆さん、お元気ですか?

いつにもない冷たい春の印象が強い皐月の頃でしたが
ようやくGWごろから少しは本格的な春の風情が出てきて、ウキウキしてきちゃいますよね。
まあ、このブログの発信地は北海道札幌地域なので
そうともいいきれない地域の方にはお詫び申し上げつつ
センテンスを進めさせて頂きます。

人間の心ってやつは天候によってとても大きく作用されます。
恋や異性を思う気持ちも無論、大きく影響を受けるのは当然なわけで
春の日差しを浴びるたび、その日差しに対して、感謝して行動すれば
女性は綺麗に可愛く、
男性もたくましく男前に

より変貌を遂げられるものです。

人間の思考を測る一つのたとえ話に
「コップの話」がありますね。

グラスに三分程度注がれている水の量を見て
「なんだ、これしかないのか・・・」と不足を感じてしまう気持ちに反し
「おっ、ちょこっと水がある、嬉しいねえ!」と思える気持ちでは
その発想の違いによって人生雲泥の差がでてくる可能性すらあります。
なんでもかんでもプラス思考を進める立場を私は取りませんが、
物事を判断する発想法としては
後者のほうがより自由に、フレキシブルに人生を生きる可能性を示唆するものと私は考えます。

これは、夫婦間や恋人間における
マンネリ対策にも雲泥の結論の差を見せる考え方の違いですので
おいおいこのブログでも書いていかねばな・・・と思っています。

笹竹 政村でした。
次回もよろしくお願いいたします。

kokasita at 05:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月09日

相手の「寝顔」に感謝しよう!!

こんにちは!
笹竹 政村です。


皆さんは今現在、或いは過去の恋愛体験で
お相手の寝顔を見たことがありますよね(^^)。

あなたが男性なら、すやすや眠る女性のたおやかさ、美しさに
愛情が限りなくMAXに近づいたこともあるでしょう。

あなたが女性なら、すやすや眠る男性も可愛いですが
ほどほどの男らしい(?)いびきとミョ〜な寝言に
微笑みを禁じえなかったかもしれませんね。

続きを読む

kokasita at 00:17|PermalinkComments(19)TrackBack(0)

2006年08月29日

元彼(彼女)に「ありがとう!!」

こんにちは!
笹竹 政村です。

約一週間のご無沙汰ですm(__)m。
皆さん、お元気にしてましたか?

いやー、季節は確実に巡り、晩夏ですなあ( ̄ー ̄)...
九月に入ればここ北海道では、スタッドレスタイヤのCMが始まり
否応なく冬の予感に怯える日々に突入するわけですが、
その前に、天高く馬肥ゆる秋!

秋を存分に満喫しようではありませんか!
ということで・・・

今日は実りの秋に相応しく
嫉妬の話をします(どこが相応しいねん(笑))

今、交際中の異性がいる・・・
或いは「いいなあ、あの人・・・」と思う対象がいる・・・

そういう相手に対し
我々人間というものは

とかく過去に交際していた異性に対し
えもいわれぬ嫉妬心を抱いてしまいがちですよね。

「元彼(彼女)のこと今でも少し好きなんじゃない?」
「元彼(彼女)とどんなことしたの、どんな思い出があるの?」

訊いても栓のないことを蒸し返せば
相手があなたの人間としての器に疑問を持つだけではなく、
不愉快にさせてしまって、せっかくうまくいっているものも
うまくいかなくしてしまう危険性すらあります。

こういう時は
嫉妬を感謝に変換すればうまくいきます。

感謝・・・誰に???
元彼(彼女)にです。

あなた自身が、人によって数に差はありましょうが
少なくない人たちと交際してきた証として
今の自分が形成されてきた・・・
という事実を忘れてはなりません。

多くの人から学んだ物事が己の中で
血肉化し、大切な自分自身が出来上がっている。

そう考えれば相手も同じです。

相手も素敵な元彼(彼女)がいたからこそ
今の素敵な彼(彼女)になって存在している・・・

自分と元彼(彼女)を比較して
鬱屈した想念を持つのではなく

積極的に「自分が惚れるほどの女(男)」にしてくれた
元彼(彼女)に沸々と

「ありがとう!!」

という思いが湧いてくるではありませんか!

こういう式に進んでいけば
人の世の”嫉妬”にまつわる
【想念の地獄】もだいぶ和らぎ
いきやすい世の中になるんじゃないかなー
と私は夢想します。

(負)の感情そのものを、
真っ向から否定する必要はありませんが

(負)を(正)に切り替えようと
セルフコントロールする姿勢は
尊いものだといえるでしょう。

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 18:57|PermalinkComments(12)TrackBack(0)