根室

2007年02月07日

【産科医不足】医者の資質と、医者と結婚したい女の資質が、今、問われている!

こんにちは!
笹竹 政村です。


前回は「産む機械」発言の柳沢伯夫厚生労働大臣に対して私観を展開、
あのような暴言を生んだ背景には、氏の妻との家庭生活など
彼のバックボーンに大きな問題があるのではないか―
と指摘しましたが、それに対して親愛なる当ブログ読者・イチゴ大福もぐ!嬢が
大変示唆に富むコメントを残してくれました。

コメントの内容などを要約すると
「表現は確かにひどい。しかし氏の言わんとしたことに一理あるのも事実。
それより少子化対策や妊娠、出産、子育てにまつわる重要な問題は山積している。
それらを一刻も早く、解決の方向に国は持っていって欲しい


というような内容でした。

まさにその通りで、6日現在、柳沢氏の続投は本決まりとなった今、
野党は次元の低いあげあし取りに終始せず
恋愛―結婚の先にある巨大な偉業・妊娠、出産問題について
総理と閣僚、国会議員は真剣な討議を果たしてもらいたい―

と恋愛―結婚専門ブロガー・笹竹 政村は切に願うものであります。

今日は産婦人科医の深刻な医師不足が叫ばれる昨今においても
最悪のケースであろう私の地元・北海道で勃発している
日本本土最東端・根室市の実情を皆様にお伝えし、
そこから浮かび上がる諸問題を共に考えていこうと思っています。

北海道の東の東、もう海を渡れば北方領土―
という国境の半島に人口3万人の根室市はあります。(納沙布岬が有名ですね)

続きを読む

kokasita at 08:00|PermalinkComments(30)TrackBack(0)