格差婚

2007年06月02日

紀香―陣内の格差婚から透けて見える晩婚化時代への処方箋

こんにちは!
笹竹 政村です。


おととい5月30日、女優・藤原紀香(35)
お笑い芸人・陣内智則(33)両人の結婚披露宴が神戸で行われましたね。
紀香―陣内

日テレ系が披露宴の生中継を行いましたが、全国的にも、すごい視聴率で
特に両人のホームグラウンドである関西の視聴率は50%に迫ろうかという数字をたたき出し、
近年増加傾向にある収入格差婚(女性の収入が男性のそれを大きく上回ること)の代名詞とすらなった
二人に対する人々の関心の深さが窺えました

紀香魂―ハッピー・スピリット


この「成長のお薬」では
ひろみGOが「カッコよかった!」とか、
キャメロン・ディアスがコメントを寄せて「さすが紀香!」とか
そんな記事にはしませんのでご安心ください(笑)。

日本芸能界において近頃稀に見る慶事を心から祝福するものではありますが、
紀香―陣内カップルが、
わが国の今後もさらに募るであろう厳しい晩婚化状況に投げかけたエッセンスを咀嚼(そしゃく)し、
読者の皆さまに改めて問い掛けるとともに
一部女性識者が断じてきた論調に一喝を加えてみることを企図するものであります。

あらゆるマスコミ媒体が
<紀香―陣内>と藤原紀香を先に表記することが全てを物語っているように
年齢も、収入も、キャリアも、人的パワーも、
今回の結婚の場合女性が上回ります。
故に収入格差婚という言葉が、わが国の直面している格差社会のキーワードとあいまって
<格差婚、格差婚>と二人を揶揄(やゆ)し
陣内のプライドをズタズタに切り裂いたこともあったと私は思います。

私も病気により会社を辞めさせられ、厳しい状態で結婚したので
私も妻も、心ないわけ知り顔の人間から実に様々な誹謗中傷を浴びました。

<あんな金のない男と結婚して彼女は大丈夫なのか?>
<あいつにはあんないい嫁さんもったいなさ過ぎる、彼女が不幸になるだけだ>

思い出して一々書いていたら枚挙に暇がないほど、
男の立場が弱いと、世間ってやつはいろんな罵詈雑言を浴びせてくれるものです。

こういうことから考えていくと
世間というものは<普通結婚とはこうあるべきだ>的なしがらみの特に暗さを伴う部分に
21世紀に突入した現代においてもいまだ呪縛されすぎているのではないでしょうか?

<こうあるべきだ>の部分、言わずもがなですがあえて書きましょう。続きを読む

kokasita at 00:05|PermalinkComments(23)TrackBack(0)