熊田曜子

2007年05月26日

「女性を褒めて歩くことは軽薄でも何でもないと思います」

こんにちは!
笹竹 政村です。


今日、所用のため車で移動中、ハイチュウを舐めてました。
マスカット味だったかな?

ま、味は関係ないんですが・・・
左上奥歯の銀歯が取れてしまいました。

ハイチュウにしてもスルメにしても
ああいう”おしゃぶり系”は銀歯の天敵ですね(笑)
(銀歯、ギンバと言ってますが歯科用語では何と言うのかな?
まあ、今度までに調べて起きます(^^;)

予定を変更して歯医者へ。

歯医者の医療事務員、かなり可愛いんですね。
年の頃は20代半ばかな? 熊田曜子を上品にした感じとでもいうか・・・

治療が終わり会計を済ませる際に
別に用意していた言葉では全くなかったのですが
彼女に対し思わず
「美人ですよねー」と褒めてしまいました(笑)

こういうことをぬけしゃあしゃあと言えるのは
私がもうオッサンだから―ということが一番大きいんでしょうか?

よもや私には陽気なイタリアンの血でも混ざっているんでしょうか(爆)

まあ、それらの理由もあるかも知れませんが・・・ってイタリアンではありませんが
私は女性が美しくあることが本当に嬉しい男なんですよ(*^^*)

自分のモノにしたいとかそういう打算はほとんどありません。

精神的抑圧が取れかけてきた頃から、魅力的な女性は
褒めまくってきた気がします。否、褒めざるを得ないんです。

何故なら女性は褒めるとますます輝いてくれるし、
その分男を幸せにしてくれるんですから・・・。


照れて微笑み返してくれる時の女性の表情・・・
もうなんていうか・・・
私がこういう言葉を使うのもなんですが
いわゆる”萌え”ですよ(≧∇≦)ブハハハ

美しい―
魅力的―
といってもルックス面だけじゃないんですよ。

重要なのは続きを読む

kokasita at 05:58|PermalinkComments(20)TrackBack(0)