独身貴族

2007年07月24日

結婚制度廃止を願う一部30代OLの欺瞞(ぎまん)を撃つ!

こんにちは!
笹竹 政村です。


あるポータルサイトの人気コーナーで
一女性ライターが「結婚制度を廃止してしまえ!」と題し記事を書いています。
それを今、改めて読んでいたのですが
失笑を禁じえない内容でしたので今日はその記事に対し
私・笹竹が「結婚制度・もちろん擁護派」との立場で反駁(はんぱく)を試みます。

該当記事の要約を以下に記します。

外資系IT企業勤務の朝子(30)と大手メーカー勤務の涼子(32)は「そもそも紙切れ一枚にすぎない結婚制度なんかはじめからなければ親をやきもきさせずに済む。結婚願望など自分にはない」と語る。二人ともルックスもよくお洒落。彼氏もちゃんといる。結婚という社会的契約を結ぶことに彼女らは否定的。なぜなら結婚制度は女性に負担がかかるようにできているから―。さらに結婚すれば相手の両親、会社の厳しい監視の目が怖い。「男性だって経済的に社会的に大変じゃない?」との一女性ライターの問いに「経済的に相手に頼るつもりはないし、責任もそれぞれの自己責任でいいのだから男性にとっても悪い話ではない。同じ男を一生愛し続けられるかもわからない。いっそのこと一夫多妻制にしてしまえば?! その方が男性のみならず女性も優秀なDNAを追い求められ続けられる」
そしてお笑いなのが一女性ライターの〆の私感。
<「結婚していようといなかろうと何が悪い!ゴチャゴチャ言うなら無くしちゃえ!」と笑い飛ばす前向きなエネルギーと、ユーモアのある発想力。これだけのパワーを持った彼女達のこと。いずれ結婚するかしないかは別にしても、「これから益々輝きそうだ。」と思うのは独女仲間のひいき目が強すぎるだろうか?>(原文ママ)

強すぎますね、ひいき目。
土台、結婚制度を無くしちゃえ!―などという暴論を吐く女が前向きだとは
私は全然思いませんし、発想はユーモアではなくニヒルなだけ、
パワーは正のパワーではなく負のパワーです。

一つ一つ暴論を潰していきます。
この手合いの女は続きを読む

kokasita at 06:43|PermalinkComments(25)TrackBack(1)

2006年09月11日

貴重な独身時代だもの、己を磨きに磨こう!!

こんにちは!
笹竹 政村です。

先週のショッキングなデータレポートから
一週間が経過しましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

人口比的には結婚適齢期を迎えている男女の数は
圧倒的に男性が多く、このままいけば
数十万人にも及ぶ”絶対結婚できない男の群れ”が現出する
と警告を発しました。(詳細は前回の記事をご覧下さい)

今回はそのデータを踏まえつつも
貴重な独身時代をどのようなスタンスで
過ごしていくべきか、私なりに雑感を綴ってみます。

男性においては
焦りは禁物です。
焦りは余裕のなさを発生させてしまいます。
男の余裕のなさは、女性が大いに嫌う点でもあります。

【落ち着いて着実に物事を行うことができる者】への
成長を期しましょう!

ただし、【焦らず急ぐ】というような
アグレッシブな姿勢が多少ともなりないと
所謂(いわゆる)”結婚難民”になってしまいかねません。

このデータは圧倒的な現実にもかかわらず
あまりよく知られていない点を考えると、もっと多くの
男性独身貴族(?!)に見てもらいたい。

何事も事を為すには、シビアな現実すらをも見つめ
そこから自分なりの打開策を講じていくというのが
正しい方策であろうと思います。

究極は人間性を磨きに磨いて
『あなたといつも一緒にいたい、いつまでも一緒に・・・』
と思ってもらえるようなジェントルマンに成長するのが
遠回りなようで一番近道かもしれません。

一方、多くの女性は高望みをやめることも勇気です。
世間的に立派といわれる男をゲットしたとしても
永続的に夫婦関係を続けていくだけの己であるのか
見つめることも肝要です。

経済的に貧しすぎるのも問題ですが
「ちょっと少ないかな・・・」と思われる手取りでも
一緒に何とか乗り越えていきたい、
苦楽を分かち合いたいという姿勢をあなたが見せれば
普通の男なら、燃えます。

必ず、あなたをより幸せにしようと精進することでしょう。
入り口の段階で躊躇するのをやめ、ある程度の柔軟性も
持ち合わせ対処していくことも必要かと思います。

何よりも貴女を一番大切にしてくれて
常識があり、ルックスも許容範囲ならGOです。

さらにパワーアップして言葉を連ねる
笹竹 政村ブログをどうぞお楽しみ下さい。

笹竹 政村でした。
次回も読んでくださいね(^^)。


kokasita at 19:49|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年05月09日

"独身貴族”はもはや死語、この場所から始まる奇跡!

こんにちは!
笹竹 政村です。

昨日はかつてどこの街の、どこの町内会にも棲息していた
”世話好きおばさん”が激減、古き良き時代は過ぎ去り
結婚サバイバル時代に突入していることを指摘し、

結婚する相手自体が見つからない
独身男女の苦闘に思いを巡らせました。

今日も最近すっかり聞かなくなった
キーワードをピックアップし
考証していこうと思います。

10年位前まではアリでしたよね。
”独身貴族”という言葉。

稼いだ金や自分の自由な時間をキープし、
家庭に収まることを嫌う個人主義の顕れとして

戦後、特にどちらかといえば高学歴で
”ドンファン”的でもある男性に
多い傾向であったように感じます。

(無論、女性にも高学歴のフェミニストの方々などが
その範疇にいたことも把握しております)

今や男女諸共、多くの人が最高学府を卒業する時代になり、
それに伴い就労年齢の高年齢化が加速、
今や30代で独身でもまったく婚期が遅いとは言えず

適齢期・総独身貴族時代といっても
過言ではない時代です。


しかしながら私がこのブログを始めた日から
一貫して言っていることに
またもや通ずるわけですが・・・

(敢えて、独身貴族という死語を引用します)
”本人が好きで独身貴族をやってるのか、はたまた
独身貴族をやらざるを得なくてやっているのか、

或いはさらに経済的にもあらゆる観点からも独身貴族ですらなく
心身、満身創痍で所謂(いわゆる)
”出会い”を待ち続けているのみなのか?!

もし最後に記述した状況に、該当するのがあなたであるなら
私もその苦しみを分かち合い、提言を続けたいと願う。

何故ならかって自分がまさにその立場でしたから・・・

この私が素敵なパートナーと出会え
結婚できた奇跡を通して

これからもこのブログを主体に
熱をもって、ためになるメッセージを
発信していこうと願うものであります。

とりとめのない文章になってしまいました。

明日も読んでくださいね(^^)

kokasita at 05:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)