紙切れ一枚

2007年07月24日

結婚制度廃止を願う一部30代OLの欺瞞(ぎまん)を撃つ!

こんにちは!
笹竹 政村です。


あるポータルサイトの人気コーナーで
一女性ライターが「結婚制度を廃止してしまえ!」と題し記事を書いています。
それを今、改めて読んでいたのですが
失笑を禁じえない内容でしたので今日はその記事に対し
私・笹竹が「結婚制度・もちろん擁護派」との立場で反駁(はんぱく)を試みます。

該当記事の要約を以下に記します。

外資系IT企業勤務の朝子(30)と大手メーカー勤務の涼子(32)は「そもそも紙切れ一枚にすぎない結婚制度なんかはじめからなければ親をやきもきさせずに済む。結婚願望など自分にはない」と語る。二人ともルックスもよくお洒落。彼氏もちゃんといる。結婚という社会的契約を結ぶことに彼女らは否定的。なぜなら結婚制度は女性に負担がかかるようにできているから―。さらに結婚すれば相手の両親、会社の厳しい監視の目が怖い。「男性だって経済的に社会的に大変じゃない?」との一女性ライターの問いに「経済的に相手に頼るつもりはないし、責任もそれぞれの自己責任でいいのだから男性にとっても悪い話ではない。同じ男を一生愛し続けられるかもわからない。いっそのこと一夫多妻制にしてしまえば?! その方が男性のみならず女性も優秀なDNAを追い求められ続けられる」
そしてお笑いなのが一女性ライターの〆の私感。
<「結婚していようといなかろうと何が悪い!ゴチャゴチャ言うなら無くしちゃえ!」と笑い飛ばす前向きなエネルギーと、ユーモアのある発想力。これだけのパワーを持った彼女達のこと。いずれ結婚するかしないかは別にしても、「これから益々輝きそうだ。」と思うのは独女仲間のひいき目が強すぎるだろうか?>(原文ママ)

強すぎますね、ひいき目。
土台、結婚制度を無くしちゃえ!―などという暴論を吐く女が前向きだとは
私は全然思いませんし、発想はユーモアではなくニヒルなだけ、
パワーは正のパワーではなく負のパワーです。

一つ一つ暴論を潰していきます。
この手合いの女は続きを読む

kokasita at 06:43|PermalinkComments(25)TrackBack(1)