結婚相談所

2007年03月12日

交際を受ける側の心理は「だんだん好きになり、だんだん恋になる」!

こんにちは!
笹竹 政村です。


昨年の4月30日から始まったこのブログも
11ヶ月かけまして本日の記事でめでたく100本目となります。
毎日更新する人やあの『しょこたん』みたいに
日に何度も更新する人なら、あっという間に記録する数字だと思います。

私もこれでも初めの頃はかなり頻繁に更新してたんですよ(笑)
それがいつの間にやら三日おきになり、
最近では一週間おきというのも珍しくなくなり
ブログという媒体の機動性を全く駆使し得ない状態に陥っていたこと
甚だ不徳の致すところであります(汗

週刊誌じゃあるまいし、一本のブログ記事をアップするのに
一週もかかっていた日にゃあ、とてもブロガーとは呼べません。
これからはもっと自分に厳しく、襟を正して
愛ある家庭生活を夢見るすべてのシングルに、
そしてさまざまな悩みを抱えていらっしゃる家庭生活者に
効験あらたかな「成長のお薬」を処方して参る所存です。
・・・とりあえず隔三日を目標にします(^^;

100回記念ということもありますので、
今日は私の独身時代の最大の恥を晒して
読者各位にはご笑納頂きつつ、
その中からあなたの感性に何かを訴求したく思います。
その<何か>はあなたの心が決めてくれるでしょう。

妻・明日香と交際を始めたばかりの話です・・・。

明日香と交際する前、当時31歳でしたか・・・
私もその前の女性とのブランクが幾数年にわたり
日照り、いや、旱魃(かんばつ)の荒野を行くような孤独にさい悩まされていました。

「・・・女が欲しい、・・・女・・・」

これを読んでいらっしゃる彼女のいない男性諸氏と同様、
レンタルビデオショップが恋人だった時代もありました(笑)

思い余って結婚相談所の門を叩いたこともありました。
(あまりの料金の高さ、それに反比例するファイルの中身を見て逃げましたが(笑))

そんな時代を経て、明日香に交際を求め
一応は承諾された格好になった直後、
私は有頂天の極みにいました。

これは男性でも女性でも同じかもしれませんが
”空き家”期間が長ければ長いほど、孤独だった時期が長ければ長いほど
その反動で「喜びも大きい」のは当然として
<虚栄心>、<ガツガツ感>、<焦り>など諸々の負の感覚に抗しきれず
キョドった行動、地に足がつかない行動を
「だめだ、いけない!」と深層心理で自制しつつもやってしまう傾向があるように思います。

一番危険な感覚があります。
続きを読む

kokasita at 08:10|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

2006年12月27日

【御用納め版】結婚相談所を受験して学んだこと

こんにちは!
笹竹 政村です。

クリスマスも終わり、巷は年の瀬の慌しさ一色ですね。
皆さんのお勤め先も明日には御用納めという所も多かろうと思います。

笹竹ブログもとりあえず本年の諸業務(笑)は、
今日の記事を持ちまして御用納めとさせて頂きます(^^)。

年末くらい私の細かな(^^;、恋愛―結婚テクや観念から離れ、
ゆるゆるとご家族で楽しい団欒のひと時を過ごしてくださいませね。

「成長のお薬」を立ち上げたのは今年4月30日、木星人(−)の私にとって
満を持した『財成』の日でありました。

初めの頃の記事でも触れているのですが、私が会社勤めを断念し
フリーライターの途を志向したのは忘れもしない今年2月2日、早朝のことでした。

長きに渡った新聞社・宮仕えの日々の中、体調を崩しリストラされ
ようやく完全復活できる目途が立って05年一年間に及んで回りも回ったり20数社、
ことごとく年齢等諸問題で再就職試験に落ち続け、
フリーとしてやっていく決断をしたわけですが、続きを読む

kokasita at 20:00|PermalinkComments(26)TrackBack(0)

2006年06月09日

「お相手高望みの旅」は人生を”険しく寂しく”させる?!

こんにちは!
笹竹 政村です。


唐突ですが・・・

男女の出会いにおいて
「お金や時間をよりたくさん投資すれば、
理想に近い人に出会える・・・とは限らない」

という冷徹な真実について
今日はまた一から考えていきましょう。


賢明な皆さんならそのようなことを
私から今更、繰り言のように言われるまでもなく
解かっていらっしゃると思います。

しかしあまりにこれまで
「異性運がなかった」などの理由で、
「出会い」とは、そして「恋愛」とは
という基本的な部分を履き違えている方に

「金を使えば使うだけいい相手にめぐり会えるはずだ・・・!!」

そうココロの中で叫び、結婚相談所を掛け持ちし
大金をつぎ込んでいる方も(概して30〜40代男性に多いようです)
この国には存在する・・・ということを文献等で知りました。

このブログを始めたばかりの頃の記事にも
結婚相談所に湯水の如くお金をつぎ込む前に成すべき事、

<それは”非・恋愛体質”から”恋愛体質”への脱皮を図り
自己維新を遂げることだ>と強調してきましたね。

私も結婚紹介業全てを否定する
思想の持ち主でもありませんし
何ごとも新しいことを始める時には
お金が要るものだ―ということくらいは理解しています。

ですが、出会いの形が多様化する中で
片っ端に様々なチャネルに登録して
なけなしの軍資金を投資し続けても

理想のお相手に辿り付けるかは
甚だ疑問符をつけざるを得ません。

結婚相談所にしても
ネット見合いにしても
或る程度のリサーチ期間を経たなら

「よし、ここで決めてやる!」とハラを括(くく)り
勝負する、そして妥協すべきは妥協する。

あくなき「お相手高望みの旅」は
むしろ人生を”険しく寂しく”させるとは思いませんか?

どうも私にはそんな気もしてしまうのですが・・・。


笹竹 政村でした。
明日もよろしくお願いします。

kokasita at 19:25|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2006年05月17日

「成長のお薬」半月経過で所信表明!

こんにちは!
笹竹 政村です。

今日でこのブログを開設して17日目、
ようやく半月が過ぎたところです。

元新聞記者である私が度重なる落選により
マスコミへの再就職をあきらめ
”セレブご用達”の結婚相談所を受験、

そこでほんの少し窺い知れたパートナービジネスの
不可思議さ・・・

例えば、1日200件以上医者の卵や独身医師に
電話をかけまくる。

二年間の活動で少なく見積もっても
男女とも35〜50万円以上吸い上げられ、
当然のことながら結婚できるという確たる保障がない。

そういう現実を見聞して如何に
かって自分もなかなか相手が見つからず
苦しんでいたにもかかわらず

ひょんなことから出会いが生まれ
今、幸せな結婚生活を送っているか・・・

そのことに思いを致した時、
結婚できて、結婚生活が送れていること自体の
有難さをしみじみと痛感した次第です。

様々な境遇下におかれ
結婚できずに苦しんでいる
「晩婚化社会の適齢期」の皆様に

私なりに体験してきたエピソードや
価値観、メッセージを配信していきたいと
強く願いこのブログは生まれました。

この場所から、何かと厳しく世知からい
世の中ではありますが

多くの、「未来の花嫁(花婿)」の出現を
待望されているあなたに今後も、熱をこめて

たゆまなく「成長のお薬」を処方し続けることを
誓います。

今日は何か所信表明みたいになっちゃいましたね(^^;。

明日もあなたのこころにキラリと光る
エッセンスを送りますのでどうかよろしく!

笹竹 政村でした。


kokasita at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月02日

”非・恋愛体質”で結婚できないあなたへ

みなさん、こんにちは!!
そしてはじめまして! まだ投稿を始めて二日目の新参者、
フリーライターをやってます笹竹 政村と申します。

昨日は(もう日付けが変わってしまいましたが4月30日)
新聞社に復帰の夢叶わず、どさくさにまぎれ
結婚相談所を受験した話をしましたね。

そして結婚相談所利用者は二年間の活動費で少なく見積もっても
35〜50万円もの料金をむしりとられているということ、

それも一件につき・・・ということであり、利用者には二、三件かけもちなんて人も
少なくないわけですから、その費用は膨大なものとなるということ・・・

そこから率直な意見として
結婚するって本来、そんなにお金をかけなければ
相手が見つからないというものなのか・・・

という点を問題提起しました。

今日は私なりの所感をコメントさせて頂こうと思います。

人それぞれいろんな形の出会いやまた当人自体の
キャラクターというものがありますよね。

異性にいつも不自由なく或いはいつもではなくても
周期的に恋愛の機会が巡ってくる
所謂(いわゆる)”恋愛体質”の人。

逆にこの世に生を受け、付き合った異性の数が
極端に少ない或いはまったくいないという
”非・恋愛体質”の人。

恋愛体質で、結婚できないという人は
相手の事情、或いは本人自身のスタンスなどの
諸問題で結婚できないわけですが、
あえて”結婚しない”、”配偶者を得るという生き方を
選択しない”という人も含まれますし、
当人が本当に死ぬほど真剣に悩んでいるといっても
大局的には、後者の”非・恋愛体質”の人と較べると
その悩みはまだ浅いといえるでしょう。

”非・恋愛体質”の人の悩みはそれほどまでに切実です。

人間である以上、恋愛欲求というものは
あらゆる欲望の中でも突き抜けて強いものです。
その欲求が何年或いは何十年にわたって満たされない状態に
あるということは、実につらく哀しいことです。
(各人の感受性によっても哀しみの感じ方、度合いは
違うでしょうが・・・)
厳しいようですが、実に不健康な状態にあるといわざるを得ません。

”愛したい”、”愛されたい”
この荘厳にして深奥なる欲求が刹那的に働く時
男性なら風俗や、ポルノグラフィックに・・・
そして打開案として選択される途が
両性問わず一連の”出会い産業”に向かっていくのでしょう。

しかし、結婚相談所はボランティアではありません。
辛辣な”利潤追求企業体”です。

いつまでもダイエットできない私のような人間(私、太ってます、かなり(笑))
がダイエット産業の大得意様であるように
非・恋愛体質の人々にとっても結婚相談所に代表される
出会い産業は同じことがいえるでしょう。

ただ引越しや家電の修理のように業者任せでは
栄光の時は訪れないことを識らなければなりません。

”自己維新”、”自己のルネッサンス”
それが遠いようで最も近い、
恋愛体質への脱皮の途だといえるでしょう

kokasita at 01:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月30日

結婚の沙汰は金次第???

みなさん、こんにちは!!
そしてはじめまして!
フリーライターをやってます笹竹 政村と申します。

もうかれこれ十数年、センテンスを連ねることを生業(なりわい)にしてきた私ですが、
ブログに挑戦するのはこれが初めて・・・。機能もなにやら全然ちんぷんかんぷんですが
そこはそれ、大先達の皆様から多くを吸収して、衒(てら)いなく日々書き込んでいきたい所存です。

どうぞ皆様、よろしくお願いします。

昨年一年、わけあって辞めざるをえなかった新聞社業務に復帰するため
回りも回ったり!約20社。ことごとく年齢、ブランク、或いはそれらの企業の所感のせいか
落とされまくりました。

やけをおこして一番最後に受験した企業は新聞社でも、出版社でもなく
結婚相談所でした(笑)。

これだけマスコミ関連落とされまくるのだから、もうその路線には脈なし・・・と判断、
自分の「渉外的スキル」を少しでも活かせそうな業界はないものだろうかと考えたのです。

元来、人の喜ぶ姿を見るのが大好きな性分で、ハード的なものを販売するよりも
新聞社同様、ソフト的なもの、サービス的なものを販売できる業界はないかと考え
どさくさにまぎれて(笑)受けてみました。

その相談所の指針は、
男性は医者や起業家など所謂(いわゆる)、今風にいえば「セレブ」が対象で
女性は相談所が設ける様々な条件を(要は品定めですね)クリアーした人が入会できるという
「ほかとは違うぞ!」といった差別化の意図が横溢(おういつ)した内容でした。

しかしながら核となる業務内容を訊いてうんざりしました。

1日200件以上の独身セレブへのキャッチセールス(電話勧誘)が主で
なにか”独身者をちょろまかす(騙す)”というイメージが拭いきれないものがありましたので・・・。
要は「ただならぬ胡散臭さ」を感じました。

後日、研究してわかったことですが、
(結婚相談所を利用している方なら判りきった事実かもしれませんが・・・)

結婚相談所利用者は二年間の活動費で少なく見積もっても
35〜50万円もの料金をむしりとられているようです。

それも一件につき・・・ということであり、利用者には二、三件かけもちなんて人も
少なくないわけですから、その費用は膨大なものとなります。

パートナービジネスが潤い続けるハズですよね。

でも、結婚するって本来、そんなに湯水の如く
”金を使いまくる”ことが必要なことなんでしょうか???

金を使いまくることが、理想のパートナーと出会えることなら
相談所を利用しているあなたはもうとっくに
理想の方と出会えているのではありませんか?

そして相談所に無縁のあなたも感じるでしょう。
私と同じ思いを・・・。

今日は上記のポイントを問題提起して終わります。
明日も読んで下さいね(^^)。


kokasita at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)