聞き上手

2007年03月01日

愛は言葉だ! <女性が求める優しさ>を与える男の秘策!!

こんにちは!
笹竹 政村です。


一週間更新が滞ってしまいました(汗。
このモヤモヤしてた状態に喝を入れてくれたのは
「成長のお薬」のランキング上位進出を祈って毎日、1クリックしてくれている
素晴らしいファンからの激励メッセージでした。

「笹竹さん、このままじゃどこまでも落っこちていっちゃうよ!!」

有り難かったです。
意気に感じました。

先週のブログでも報告しましたとおり、短期出張のため
十勝から道央圏(札幌方面)に出向き
実に多くの人に会い、今後のライターとしての方向性などを
しっかり確認してまいりました。
・・・があまりにも成した事柄の密度が濃かったため、
しばらく仕事そっちのけで呆けた状態に陥ってしまっていました。

ファンという存在は本当に有り難いものですね!!

今日からまた笹竹 政村、完全復活で
”愛ある暮らしを模索する”すべてのシングル、さらには家庭生活者に向け
「成長のお薬」を処方して参る所存です!

今日のお薬は原点に立ち返り男と女の求める
”優しさ”のギャップ
について考え、処方箋を発行したいと思っています。
<視点としては【男はどのように女性に”優しさ”を表現するべきか】に眼目を置き、稿を進めます>

優しさ・・・この言葉こそ
ジェンダー(性別)、パーソナリティーによって捉え方が変わるものはないかも知れません。

戦前・戦中或いは高度経済成長期に至るまでの男の優しさとは
言葉に頼らず、行動や態度、いわゆる”背中”で
女性への愛情を滲み出してきたかたちが主流であったのは想像に難くありません。

ですが現代においては女性の社会進出も当たり前すぎるほど当たり前のこととなり、
『男は外で戦っているんだ!!』的な自己正当化はもはや化石的と言う以外になくなりました。

男の「言葉なんか要らない」―という欺瞞(ぎまん)を戦中という、
とうの昔に喝破(かっぱ)していたのは”愛と苦悩の旗手”太宰治その人であります。

太宰は作品中で叫びます。

愛は言葉だ。言葉が無くなりゃ、同時にこの世の中に、愛情も無くなるんだ。
愛が言葉以外に、実体として何かあると思っていたら、大間違いだ。
・・・新ハムレットより>

続きを読む

kokasita at 11:33|PermalinkComments(20)TrackBack(0)