親子

2008年06月12日

嫁―姑問題から見える<親子関係の心理>

こんにちは! またまたご無沙汰更新ですみません。
笹竹 政村です。


今日、ふと<栃木のN子>さんはその後、どうしているだろうか・・・
と気になりました。

いえ、別に私の知り合いでも何でもありません。
今年の冬に目を通した新聞の人生相談欄で
私が今まで見聞してきた範囲の中でも、非常に悪質なエゴイズムに満ちた姑像
そこに記されてあり、大変な衝撃を受けたんです。
回答者の立松和平(作家)さんが懸命に諌めているのですが
さて四ヶ月経過した家族たちは如何なる暮らしに至っているのか―
と思ったので、今日は嫁―姑問題から見える<親子関係の心理>について書いてみます。

皆様にもこの家族の問題を精査していただくためには、
この記事をご一読願う必要がありますね。
原文のまま<栃木のN子>さんと立松和平さんのやりとりを以下に記載致します。

【読売、08年2月6日朝刊、人生案内】

80歳代女性。夫とは離婚しています。間もなく定年を迎える優しい息子と2人で暮らしたいと思っています。
息子は高校を卒業後に上京、知り合った女性と結婚しました。
私は反対し、嫁には「どんな風に育ったかわからない人とは話したくない」と言いました。
嫁は「わかりました」と答え、以来必要なこと以外は話していません。
息子が結婚した年から冬の間、私は東京の息子の家で家事などせずゆっくりと体を休めることにしており、
30年以上続いています。続きを読む

kokasita at 02:21|PermalinkComments(12)TrackBack(0)