親離れ

2008年11月09日

適齢期になって親が急にうるさくなり始める―その隠された動機とは?

こんにちは! 
ひと月ぶりの笹竹 政村でございます(;^_^A

ある30代男性・シングルの父親が
なかなか女っ気が出てこない息子にむかって
ポツリと「お前、女とももっと遊べよ・・・」と言ったそうです。
その言葉に息子は多少なりとも傷つきながらも、
いつも寡黙で柔らかいテーマについて話せるタイプでない父親にこんなことを言わせちゃならん・・・
と真剣に結婚について考えるようになった―
という話をよく聞きます。

男性もまた女性においても異性との繋がり方にいろんなタイプがあります。

恋人ナシの期間がほとんどなく常時、異性と繋がっているタイプもある。

あるいは半年、一年とかそれ以上の期間をおいて
人生のなかで大きなターニングポイントになり得る
”恋のビッグバン”をそれなりに幾度か経験しながら年を重ねている場合もある。

もう随分長いこと独りだなあ・・・という人もいるでしょう。

さらには『ほとんどまともな恋愛経験はないかも・・・』―
という人もいるかも知れない。

ただ、どのタイプに属性があるとしても続きを読む

kokasita at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月12日

嫁―姑問題から見える<親子関係の心理>

こんにちは! またまたご無沙汰更新ですみません。
笹竹 政村です。


今日、ふと<栃木のN子>さんはその後、どうしているだろうか・・・
と気になりました。

いえ、別に私の知り合いでも何でもありません。
今年の冬に目を通した新聞の人生相談欄で
私が今まで見聞してきた範囲の中でも、非常に悪質なエゴイズムに満ちた姑像
そこに記されてあり、大変な衝撃を受けたんです。
回答者の立松和平(作家)さんが懸命に諌めているのですが
さて四ヶ月経過した家族たちは如何なる暮らしに至っているのか―
と思ったので、今日は嫁―姑問題から見える<親子関係の心理>について書いてみます。

皆様にもこの家族の問題を精査していただくためには、
この記事をご一読願う必要がありますね。
原文のまま<栃木のN子>さんと立松和平さんのやりとりを以下に記載致します。

【読売、08年2月6日朝刊、人生案内】

80歳代女性。夫とは離婚しています。間もなく定年を迎える優しい息子と2人で暮らしたいと思っています。
息子は高校を卒業後に上京、知り合った女性と結婚しました。
私は反対し、嫁には「どんな風に育ったかわからない人とは話したくない」と言いました。
嫁は「わかりました」と答え、以来必要なこと以外は話していません。
息子が結婚した年から冬の間、私は東京の息子の家で家事などせずゆっくりと体を休めることにしており、
30年以上続いています。続きを読む

kokasita at 02:21|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2006年07月28日

全国的に婚姻増の兆し、あなたもツキをつかもう!

こんにちは!
笹竹 政村です。

出張中、ブログを更新できないのが何より気がかりでした。
今、帰宅してこうしてセンテンスを連ねられる喜びに
私は満ち溢れています。

いつも読んでくださる素敵な読者のみなさん、
本当にありがとうございます。

皆さんのハートフルな書きこみが何よりの
私への栄養です。皆さんとの出会いに感謝します(^^)。


さて、先日は加藤諦三氏の文献を紹介し
親離れの重要性をアピールさせて頂きました。

私、思うに結婚とは究極的に
ルックスでもカネでもなく
どこまでも「縁」だと思うんですね。

また結婚以前に恋愛になかなか発展しない、
恋愛対象が現れないというのは

何か歩んできた人生において、根本的に
大きな間違いがあるからではないか・・・

それが親から心理的離乳を果たしていないという特徴が
共通しているからではないかと思い記事をしたためました。

でもみんながみんな、親離れしてないからだ−
と乱暴な結論を導き出すつもりはありません。

親離れの作業が完了していても
いまいち、現状でツキがなく
お相手に恵まれていないということも
あります。

皆さんもご存知かも知れませんが
人生の”ツキ”に関しては
今、この人のこの本が大変な注目を浴びていますね。

ツキを呼ぶ「魔法の言葉」―幸せになる!お金が舞い込む!病気も治ると大評判
 五日市 剛ほか著
一会社員・五日市 剛さんの人生を変えた三つの魔法の言葉、
実践された方々から大変な反響が上がっています。

まだお読みになっていない方は「言葉」の持つ力のすごさを
これらの書籍を手にとって再認識してみてください(^^)。

先日非常によい兆候を示すニュースが厚生労働省から発表されました。
4か月連続で出生が増加、背景に婚姻の増加があると見られているとのことです。
(以下のリンクをご参照下さい)

ニュース<出生増、4か月連続・背景に婚姻増>


行き着くところまで進行した晩婚化−非婚化の波も
底打ち、回復基調にある事実を踏まえ、一言で総括するならば

<多くの適齢期対象者が、結婚に幸せの価値を再び見出し始めた>
ということがいえるでしょう。

この全国的な好ましい流れに、結婚を希望する
あなたもうまい具合に
乗っかることができればいいですよね(^^)。

笹竹 政村でした。
明日も読んでくださいね。


kokasita at 10:10|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2006年07月23日

自分の育った家庭も検証してみよう

こんにちは!
笹竹 政村です。


前回は、今を盛りと熱気ムンムンの
<親の代理見合いの現状>について報告しました。
そして皆が皆、そうではないけれども

婚期を極端に逃してしまった男女、
或いは異性との交際に進展しないタイプを
仮に”非・恋愛体質”と名づけるならば

最大公約数的に【育った家庭の特徴】というものが
あるのではないか?―ということを問題提起しました。
(詳しくは前回の記事をご覧下さい)

その提起にいたる価値観を私の青年期に与えてくれた
加藤諦三早大教授の

この文庫を紹介致します。

親離れできれば生きることは楽になる―自分がもっと強くなる“一人立ち”のすすめ 

加藤諦三著 PHP研究所 (1996/03)


ご存知の方も多いとは思いますが
加藤諦三氏のプロフィールを手短に述べると
東大卒業後、若年の頃から積極的に
心理学研究・著述から社会奉仕活動に至るまで
ある種”殺人的なスケジュール”を強迫的にこなしまくってきた著名人です。

加藤氏はこの文庫から問い掛けます。

「あなたの親の愛は本物だったか?」
「あなたは心理的に未熟な親の生贄(いけにえ)にされたのではないか?」
「そうでなければ何故、あなたは人を心から愛し、活動的になれないのか?」

「本当に幸せになりたかったら、心理的離乳を遂げ、
親離れを断行する以外にない」

加藤氏の体験に基づくまた学説にも沿った
指摘はこの文庫で冴えに冴えます。

前回の記事で私(笹竹 政村)は皆さんに問いかけました。

あなたの親達は異常に禁欲的(ストイック)に
ふるまってそれを
あなたの思春期に押し付けようと
していなかっただろうか?

親達はあなたをよい子に仕立て上げ
他人に迎合するキャラクターになることを無理強い
してこなかっただろうか?

もし思い当たる節があったら、この文庫を手にとって
自分の過去から現在と向き合ってみてもいいでしょう。

心理的に負荷が重くかかっている状態で
人は翔べません。

意外に翔べない理由は自分の足元にある
可能性、灯台下暗しの危険性が考えられます。

笹竹 政村でした。
明日から二日間留守にしますが、
皆さんの熱いカキコ、楽しみにしています。


kokasita at 18:23|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2006年05月20日

「結婚」とはとどのつまりは「親離れ」です!

皆さんこんにちは!
笹竹 政村です。

前回は、ネット恋愛や出会い産業に命運を託す前に
自分自身に繋がる全ての縁を総検証し

出会いをセルフプロデュースしては如何か?と提言致しました。
(詳しくは前回のブログを参照してください)


ところで皆さんの
親御さんのご機嫌は麗しゅうございますか?(笑)

昨今の晩婚化社会の中、
わが子の行く末を案ずる親の苦悩もまた、
非常に大きくなってきていると伝え聞きます。

何でも独身者の親同士が
本人達になり代わり見合い・・・
というのではないでしょうが、顔みせをし
結婚の可能性をさぐりあったり

「親があきらめたら終わりだ!」と
適齢期を過ぎつつある独身者の後ろ盾となって
全国で様々な試みがされている時代、
それが今です。

親が恥も外聞も捨てて必死になって
子供の結婚のために動く・・・。

親御さん方の必死の思いが
ひしひしと伝わっては来るのですが、

私は親御さんがそういう手段に出なければ
ならないケースと言うのは

かなり末期的な状況を帯びた場合に
限定するべきではないか
と発言せざるを得ません。

もし一厘でも本人があきらめていない状況下で、
親がしゃしゃり出ているとするなら

独身のあなたは
「自分で切り拓くから!、余計なことはせんでもらいたい!」
と全身で叫ばなければならないと私は思います。

親が前面に出る場合というのは
あくまで本人が完全にあきらめ、
後ろ向きになっている、或いは

結婚することについて甚だしく
ハンディがある場合のみあるべきことであって

本来的に、親離れを象徴する
異性との交際、引いては結婚・独立という途ぐらいは
子供の主体性に任せるのが筋道でしょう。

但し、人生の大先輩として子供が
「明らかに誤った選択をしている」、

そう感じ、軌道修正させてあげなきゃならない
そんな時は大いに力になれば良いではありませんか!


今日もお読みいただき有難うございました。
徐々に、読者も増え、
既成の知識だけではなく私自身、多くを学びつつ

「成長のお薬」を皆さんに
処方し続けたいと思っています。

明日も読んでくださいね(^^)。

kokasita at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)