記者

2010年07月03日

七夕も近づいた! 今年も夏にいい恋しようよ!!

皆さんこんにちは!
季節はさらに大きく巡り
七夕の季節を迎えています。

aikoの「天の川」っていう歌
すごく心癒される感じでいい歌ですよ。
しょっぱなからでアレですが
よかったら聴いてみてください。(音声の状態はあまりよくありませんけども・・・)


さて今年は織姫と彦星が無事に出会える七夕になるのか
毎年のことながら関心がいきますし
各地方の七夕祭りが初夏を彩り、
男性・女性のハートをポジティブに
より闊達なものになることを祈念せずにはいられない笹竹であります。

今日は私が20代前半で仙台市でやらかした
ほろにがい七夕の記憶を書いてみましょう。

78212353 七夕といえば仙台・・・というほど他を圧するお祭りが
繰り広げられますが、仙台の七夕は八月です。
北海道・東北地域が八月七日で
それ以南が七月七日なのかなあと漠然とした考えしかなかったので
ちょっと調べてみました。

すると圧倒的に月遅れで行う旧暦に則って行う七夕祭りが多いんですよね。
それはもう全国津々浦々で仙台以外でも
杉並区、名古屋市、珠洲市などたくさんの街で
八月に行われます。

新暦に行う有名どころの七夕は十ヶ所位でしょうか。
神奈川県平塚七夕や徳島市などが該当します。

では私の20代前半の話をしてみましょう。
当時、新聞記事などのデータベースを集める仕事をしていた私は
そりゃもう全国中飛び回っていろんな街を歩き
いろいろな資料をかき集め、手に入らない資料は現場に直接急行し
情報を奪取するというようなアンダーグラウンドな業界の雰囲気にむせかえる
世界で頑張っておりました。

月曜から土曜まで福島、宮城を駆けずり回り、情報収集を終え
ひと息ついて、気分が上気しまくっていた私は
仕事終了後、無性に女性をナンパしたくなりました。
仙台の街は七月でした。七夕の飾り付けが美しく
街の至る所に七夕を祝うモニュメントがあり風情を誘いました。

昔も今もストリートでのナンパ経験が皆無に近い私の寄る辺は
国分町の「マハラジャ」しか考えられませんでした(爆)

結局店には一時間半くらいいて、いろいろあがきましたが
当時のまだまだ子供染みて、無教養に近かった私には
何の結果も出せませんでした・・・。
七夕とディスコ(今はクラブが主)・・・なんの脈絡もない話で終わりますが
どちらにも男と女を惑わす天の川があるように思えてなりません。

近日中にとあるナンパの達人をこのブログで紹介したいと思っており、
これから了解をとろうと考えているんですよ。
本当にひたむきなナンパの行?!を展開されていらっしゃり、
文章もお上手で大した逸材ではないかと私は思っております。

何れにせよ粋な街の風情が、キュンとくる
心を誘うということは大いにあることだと思います。
そういうのってあまり溺れてはいけないものの、捨てきるには勿体ない
感情の機微なのでは・・・と思っています。

さあ、夏ですよ、皆さん!
恋をしようぜ、BABY!

kokasita at 23:40|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2006年12月12日

【クリスマス目前企画 女性編・その2】男は社会を創り、女は社会も男も創る!

こんにちは!
笹竹 政村です。

あなたはもう気付きましたか?
そうですか・・・気付きましたか。
幻滅しましたか??? 腹を抱えて笑っていますか???

え、まだ気付いていないって!
じゃあ、プロフィール欄をご覧下さい。

いや〜、恥ずかしいです。ネットに素顔晒すのは二度目ですが、
「よくこんな顔して、今まで恋愛や結婚について語ってきたもんだ!」―
と言われても仕方のないウルトラ級の三枚目ぶりでございます(>_<)。

このでかい顔! この顔にこびりついた肉!!
しかしこれが「恋愛―結婚専門」ブロガー
笹竹 政村の実体だから仕方がない・・・。

何ゆえに今回、こうしてこんなに面白い顔を出したか―
それは、一重に読者の皆さんと
「FACE TO FACE」の関係になりたかったからなんです。

私もこのブログでかなり好き勝手なことを書かせて頂いているにも関わらず、
ランキングにも上位に進出させて頂くほど皆さんからご厚誼を賜り、
いつまでも「怪人20面相」ではいられないなあ・・・と思ったことが一つ。

そして男性諸氏にはこんな太っちょで三枚目でも、
高島礼子をグッと若くした風貌の素敵な嫁さんがもらえるのだ―
ということを強調し、自信を持って欲しかったこと―


さらに女性の皆さんには今回の記事でもおいおい明らかにしますが
ホントに「男は顔じゃないよ、心だよ!」というポイントを
声高らかに提唱したかったから
なんです。

近日中に違う写真に差し替えますので、
あくまでも【期間限定】ってことにしてください(>o<)。

さて、とにもかくにも気を取り直しまして・・・

中4日空けてのクリスマス目前企画
今日はお約束どおりマイナス70点男の私・笹竹 政村と妻・明日香の
結婚に至るまでの大まかなストーリィーを披瀝し


読者各位におかれましては”愛し愛されることの純粋な歓び”
エッセンスを吸収する材料となれば幸いです。

【女性編】と銘打ってはいますが、
男性も変わらず、十分に読める内容ですので、
よろしくお願いしますね。
なるべくコンパクトにまとめますが、
それでもいささか(いや、かなり(^^;)長くなるとは思います。
どうぞご容赦のほどを―。

私の方が妻より年下ですが
彼女の『年齢を重ねても衰えない瑞々しい若さと美しさ』から、
私の方が圧倒的に年長者に見られます。
私は随分と老けてますんで・・・(^^;。続きを読む

kokasita at 18:13|PermalinkComments(30)TrackBack(0)