論理的

2007年05月12日

女性との会話で必要なバリエーション・そして話題の”予想ガイ”とは?

こんにちは!
笹竹 政村です。


ここ北海道十勝野は只今、桜の季節。(遅いでしょ?(笑))
明日は妻も私も時間があるので、二人して近場の公園にでも
桜を愛でつつ散策でもしようかな―と思っています。

南は沖縄から北は北海道根室(根室という町が桜前線の終着駅です)まで
実に長いスパンをかけて桜前線は北上し、
みな日本人は等しく大好きな桜を愛でる、桜並木を好きな人と歩ける権利を享受できます。

そう考えると少し心が大らかに広く持てる気がしませんか?
環境によって時期は違えど、いつか春は訪れ、桜は咲く―

例えるならば『只今恋愛真っ最中、二人ラブラブでこの世の春を謳歌してます☆』―
というカップルもいれば
『過去の輝きは今いずこ? この恋も最終局面かもしれない(><)』―
といった厳しい状況の二人もいるかもしれない・・・

或いは

『茫漠たる砂漠を行くようなこの一人旅を終わらせたい! 共に歩むパートナー、君は今何処?』―
という当ブログのメインコンシューマーのあなたもいる。

よく言われることですが
「泣いている人がいれば笑っている人もいる。それでこの世はバランスがとれている」―
といった少し広がりのある考えも時に必要な気がします。

そして「オレ(私)は近いうち、絶対笑う側に入ってやる!」―
とモチベーションをあげることもやはり必要な心の持ちようだとも思います。

今日は「彼女を早くGETしたい!」と願っている男性諸氏に
女性心理を知る上でなかなか示唆に富む「女性側の意見」なども紹介しつつ記事を進めていきます。


「優しさや明るさを持ってフレンドリーに接していれば、きっといつか女はモノにできる!」―
そういう一種ステレオタイプな考え方も、恋愛論的にいまだに根強いものがある気がします。

しかし優しく、続きを読む

kokasita at 00:28|PermalinkComments(12)TrackBack(0)